FC2ブログ

    Entries

    欲望のルフラン

    ディスカバリーマーズの『友達の母を犯すということ』は、「背徳」をテーマにしたエロビュジアルノベルです。
    友達の母を犯すということ
    熟女モノ好きには堪らない「作品」だと思いますが、下品なまでに熟れ切った女体に抵抗を感じる人もいるでしょう。
    個人的には、彼女達の崩れかけたムチムチボディや脇毛に興奮させられました。
    選択肢無しの一本道シナリオですが細かく章分けされており、かなりのボリュームの文章もサクサク読めます。
    ただ、エッチシーンのCGは文章量に比べると ちょっと少なめかなと思いました。


    タイトル通り主人公(山岸朗)は「友達の母」を寝取っていくのですが、彼自身の「母親」は物心がつく前に失踪しています。
    イケメンでありながら朗が熟女にしか興味を示さないのは、歪んだ「マザコン感情」の影響であると言えるのです。


    秋本涼子は学校の親友である哲平の母親であり、主人公が初体験した女性です。
    秋本涼子
    庶民的な熟女でスポーツバカの息子をなんだかんだ言いながら可愛がっています。
    物語の冒頭から彼とセックスをしていますが、そういう関係になるまでのストーリーは後で語られていく形になっています。
    基本的に恋愛感情とは無縁なセフレ関係であり、他のヒロインと比べて重要度は低いですけど、「母親キャラ」としては一番好きですね。


    満島伊織は昔から家族ぐるみの付き合いがある家の奥さんで、赤ん坊の頃から知っている彼の母親代わりのような存在でした。
    満島伊織
    年下の幼なじみである珠緒は朗にとって弟のような存在でありましたが、その母親である伊織を寝取ってしまうんですね。
    夫以外のセックス経験が無い「お嬢様」の伊織は、母親代わりであった自分が彼に「恋愛感情」と「性欲」を感じてしまった事に戸惑いながらも淫らに調教されていくのです。


    ここまででも熟女エロが楽しめますけど、二人を攻略すると「禁断の扉」が開き、視点がそれぞれのヒロインの息子に移ります。
    朗とのセックスに溺れている母親を見て欲情してしまう息子達。
    そんな息子の「禁断の欲望」を母親達は優しく淫らに受け入れるのです。
    嬉しい展開ではありますが、「禁忌への意識」があまり感じられなかったのが残念でした。

    「近親相姦」が発生した後も主人公はヒロイン達とセックスをしていますけど、彼女達が最も愛しているのは彼ではなく自分の息子なのだろうと感じます。


    そして、最後の「禁断の扉」が開いて登場するのが朗の母親です。
    山岸遥
    「実母」である山岸遥に再会した少年。
    彼が本当に求めていたのは「熟女」ではなく「母親」でした。
    遥こそ「真のヒロイン」なのです。
    ただ、他のヒロインに比べてシナリオは短めなので、顔も知らぬ母に憎しみすら感じていたはずなのに「真実」を知るとあっさり仲良くなります。
    父と正式離婚して また自分から遠い存在になろうとしている母。
    そんな彼女を繋ぎ止めておくために、少年は酔い潰れた母を強姦して自分の「女」にしようとします。
    息子の行為に気がついた彼女は「近親相姦」を拒絶しますが、昔からの知り合いであった伊織が「母子相姦」をしているのを目の当たりにして「常識」を見失ってしまうのでした。


    「禁断の関係」となった三組の母子。
    最終的に母親達はそれぞれ自分の息子に孕まされてしまいます。


    個人的には非常に楽しめた「母子相姦ビジュアルノベル」でした。
    「背徳NOVELシリーズ 第一弾」という事なので、「第二弾」も期待しています。
    ただ、どんな「背徳」が描かれるかによって評価は大きく変わるだろうなあ。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/334-fcd66b2a

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索