FC2ブログ

    Entries

    優しいだけじゃイけないの?

    沢田大介の最新単行本『天然交母』には これまでに紹介した『天然ママ』『ママ隷奴ボーイ』が収録されています。
    天然交母
    この本のタイトルにもあるように、この作者が描く「母親」は基本的に「天然系」が多いです。
    だからこそ息子の「禁断の欲望」を優しく受け止めてくれるのですが、心情的な「背徳感」はほとんど無いんですよね。


    前々回に紹介した『隷母』やこの本に収録されている『恋母』に登場する母親達は息子の友達と肉体関係を持ってしまいます。
    恋母
    「近親相姦」のシーンが無い事は残念無念ですけど、こうした「裏切りママ」は「天然系」とは違う魅力を持っていると思います。
    『隷母』に登場する息子は母の「裏切り」に気づいていませんが、『恋母』の息子は母と友人の関係に気づいてしまうのです。

    下半身丸出しの姿で全裸の母の前に姿を現す少年。
    「智樹っ・・なんでっ、いつからそこに・・・」
    先程まで息子の友達と何度も交わっていた母が息子の突然の登場に驚く。
    「母さん・・なんで・・・」
    少年が荒い息を吐きながらヨロヨロと母へと近づいていく。
    彼女は息子のペニスがはち切れんばかりに勃起している事に気づいた。
    「何してるの智樹 部屋から出なさい!」
    ベッドのシーツで自分の豊満な裸身を隠しながら息子を睨みつける母。
    「なっ何でだよ母さん アイツには股開いて バカみたいな顔で誘ったのに オレだと何で隠すんだよ!」
    冷たい母の態度に息子の「禁断の欲望」が爆発する。
    「やっ やめなさい智樹 親子なのよ!」

    本当はこの後が見たいんですけどねえ。
    淫乱な熟女でも息子とのセックスだけはきっぱりと拒絶しているところに「近親相姦」の「禁忌性」を感じられます。

    個人的な好みとしては「天然系」でも「裏切り系」でもない「理性的ママ」が「禁断の愛」に狂わされていくような「作品」を描いて欲しいですね。
    絵的には文句無しなので、素晴らしい「傑作」が生まれるんじゃないでしょうか。


    この本には母親と叔母とセックスしまくる『双子ママ(全3話)』も載っています。
    双子ママ(前編)
    叔母の方がメインなのは残念ですけど、ダブル美熟女との濃厚なセックスが楽しめます。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/328-b6679c22

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索