FC2ブログ

    Entries

    眠れるベッドの美姉

    (それは本当に突然)
    (突然 僕の家族は減ってしまった)
    父と母の遺影が並んだ葬儀は、もう過去の記憶。
    (だから今では父親と母親の役目は)
    「ごめんごめん! 残業で遅くなっちゃって。すぐ ごはん作るね」
    少年にとって唯一の「家族」である姉が帰ってきた。
    (お姉ちゃんがしてくれている)
    (一家の大黒柱だ)

    水上蘭丸の『カゾク』は、突然に「姉弟家庭」となってしまった「家族」が描かれています。
    カゾク
    (お姉ちゃんは全然気付いてないんだ)
    (僕はどんどん変わってってる)
    (それもすごいスピードでどんどん)
    (おかしくなってってるのに)

    彼の「変化」とは、姉に対する「想い」です。
    両親がいなくなった事で、「家族」という「特別な存在」は彼女だけになりました。
    そして、「性」に対する興味を持つ年頃でもあった弟の「家族愛」は、「禁断の愛」へと変質していくのです。

    (よく寝てる・・・仕事大変なんだなあ・・・)
    ベッドで眠っている姉の顔を眺める少年。
    パンティだけしか身に付けていない姉の寝姿をオカズに彼は自慰を始めた。
    (お姉ちゃんは全然知らない)
    (僕が毎晩してる恥ずかしい事)
    安らかな寝息を立てている姉が弟に視姦されている。
    (お姉ちゃんの身体じゅう見ながらしてるなんて)
    (気付いてない)
    少年が姉の乳房に触れる。
    (お姉ちゃんのおっぱいなめたいよう・・・)
    荒い息を吐きながら彼は無防備な姉を見つめる。
    (見てるだけで、結局 何も出来ないんだけど・・・)
    しかし、少年の「禁断の欲望」は膨張し続けていた。
    (おま○こ見るだけ・・見るだけならいいよね)
    彼は眠っている姉のパンティを脱がしてしまう。
    (お姉ちゃんのおま○こぉ・・・)
    (いやらしい色・・・)
    性器を曝け出した姉を見つめながら、少年は勃起したペニスを激しくしごく。
    (入れたい~~)
    (おま○こに入れたいよ~~)
    (僕のおチンポ入れてグチュグチュしたいよお!!)

    「欲望」をコントロールできない彼は、そのまま姉の裸身に精液を放出してしまいます。
    そして、ついに姉が目覚めてしまうのです。

    「ちょっと・・やだこれェ! ひでお・・あんた いったい何したのよ・・・信じらんない」
    いまだに肉棒から精液を吐き出し続けている全裸の弟に彼女は「狂気」を感じた。
    「もう嫌! お母さん達がいなくなってから、ひでお・・なんか おかしいのよ・・・」
    姉が泣きながら叫ぶ。
    「気持ち悪いのよ――!!!」

    (僕だって)

    (そう思うよ)

    次の日の朝。
    「あ――っ 遅刻しちゃう! ごはん食べてる ひまないわ!」
    スーツ姿の姉がペットボトルのドリンクを飲みながら、朝食中の弟の前で愚痴る。
    「誰かさんのせいで寝不足だからねっ」

    当然のごとく姉は怒っていますが、「他人」なら間違いなく警察行きの犯罪行為ですから、これぐらいで済ませてくれるのも「家族愛」であると言えます。
    ここで少年が反省すれば、彼らは「普通の姉弟」に戻れたかも知れません。
    しかし、弟の「禁断の欲望」が暴走を止める事はなかったのです。

    「今度あんな事したら・・ほん・・」
    彼女の身体がグラつく。
    「あ・・れ」
    床に倒れた姉を冷静に見つめる少年。
    「本当に効くんだ これ」
    彼が手にしていたビンには「睡眠薬」というラベルが貼ってあった。
    「いつか使おうと思ってたんだけど、お姉ちゃん今までは 夜はグッスリだったから」

    目覚めた彼女は自分が乳房や秘裂を曝した格好で縛られている事に気づく。
    「ごめんね・・でも僕、昨日お姉ちゃんのおま○こ見てから もう限界なんだ・・・」
    「いやあっ」
    彼女は弟を嫌悪の眼差しで睨みつけた。
    「やめなさい! 頭おかしいの? あんたっ」

    しかし、弟によってアナルを犯された姉は「理性」のタガが外れてしまい、自分から膣内射精を求めてしまうのでした。

    (お姉ちゃんは今 会社を長期休暇しています)
    全裸のまま縛られ、猿ぐつわを咬まされた姉。
    (最近 僕が思うことは)
    (家族は減ったりもしちゃうけど)
    (増える事もあるんだ ということです)

    姉の膨らんだ腹には新しい生命が宿っていた。


    「禁断の愛」を明確に拒絶していた姉がアナルセックスであっさり堕ちてしまったのが少し残念ですね。
    まあ、ページの都合があるので仕方ないかな。
    最後まで拘束されているのなら、ずっと拒絶したまま孕まされても良かったような気もします。
    個人的には前半の「睡眠悪戯」のシーンが非常に好きなので、最初から「睡眠薬」を活用して姉に気づかれないまま「睡眠強姦」をするパターンがベストですね。
    そして、毎晩のように弟に犯され続けた姉は知らないうちに妊娠してしまうのです。

    「ど、どういう事?!」
    身に覚えのない「妊娠」に動揺する姉。
    そんな彼女に微笑みながら弟が告げる。
    「決まってるじゃないか。新しい家族だよ」

    こんな感じの「睡眠姉弟相姦漫画」も読んでみたいですね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/321-76e85d74

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C106]

    こんばんは。
    家族相姦の件丁寧に掲載日まで教えていただきありがとうございました。
    もう一度読んでみました。読み始めるとすぐに思い出しました(汗
    当時、ひとつ前の項で大橋さんが書かれていて、ボク自身も同じ思いである、1対1のドラマというのが近親相姦だと思いますし、
    禁断性や背徳感(同じ意味ですかね)の強さの面からも、家族相姦や1対1の中に他人が入り込むのは良しとしなかったので、記憶から漏れていたようです。
    それと絵の(特に)ヘアスタイルに違和感があったので、漏れたものかも・・・
    大橋さんは作品をストック?する上で、絵に対するこだわりみたいなものはありますか?
    内容が良ければ関係ないですか?
    ボクは少しこだわりがあります。一例ですが、たとえば少々下手でもリアル感のあるキャラ(作品)の心情が伝わるものが好きです。
    時々意味もなく?キャラが二頭身くらいのアニメアニメしたのになったりするのが苦手ですね。
    今回の水上蘭丸氏のカゾクは、先に絵を見て少し違う内容を想像してしまいました。
    弟の(ヘア)スタイルが女の子に見えたものですから、性同一性障害とまではいかなくても、それ絡みの話を一瞬想像してしまいました(大汗
    • 2009-02-05
    • 一究
    • URL
    • 編集

    [C107]

    こんばんは!
    「絵」に対するこだわりはありますねえ。
    このブログで紹介している「作品」でも(絵的にはちょっと・・・)と内心思っているものもあります。
    以前に書いた事がありますけど、「近親相姦漫画」の重要な要素は「描写(画力)」と「愛(キャラ)」と「禁忌性(ストーリー)」だと思っていますので、技術的に多少未熟でもキャラやストーリーに作者の思い入れが感じられる「作品」は好きです。
    もちろん、これらの要素が全て高いのが理想ですけど。
    『カゾク』に登場する弟は最後まで長髪なのですが、最初にお姉ちゃんに怒られるくらいで、それほどストーリーには影響していません。
    「禁断の愛」に目覚めた彼が「普通の少年」ではなくなった事の象徴なのかなあ。

    • 2009-02-06
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索