FC2ブログ

    Entries

    幼き「禁断の恋」の顛末(父娘編)

    前回紹介した「兄妹相姦漫画」の作者である みかんR は、「父娘相姦漫画」である『彫刻』も描いています。
    彫刻
    父娘二人だけの家の中で「近親相姦」が行われている。
    まだ幼い少女を犯しながら絶頂へと導いていく父。
    (最初はただ妻が死んだ淋しさを紛らわす為・・・)
    (理由なんて、それ以外にはなかった)
    (それが最悪の手段だとわかってはいたけど・・・)

    愛する妻を失った男が「家族の繋がり」を求めて実の娘を犯していました。
    父親として最低ですね。
    しかし、彼が「近親相姦」によって「娘」を「異性」として意識してしまった事により、問題はさらに深刻化していきます。

    (―― 多分・・この子も気付いている・・・)
    (この行為がいつのまにか最初の目的とは違っていることを・・・)
    (もう・・妻の身代りなんかじゃないって・・・)

    未成熟な肉体を犯されていても父親を慕い続けている少女。
    そんな彼女に対して父は「恋愛感情」を抱いてしまっていたのです。

    妻の命日に男は娘と共に墓参りに行く。
    その途中の電車の中でも父は娘に誘われて その幼い性器を愛撫するのだった。
    (――― こんな所、妻が見たら なんて思うだろう・・・)


    墓参りを済ませて立ち去る際、男が亡き妻に心の中で告げる。
    (真由美・・・)
    (―― すまん・・・)
    (こんな決心・・・)
    (おまえとの時以上なんだ)
    (たとえどんな結末でも)
    (きっと・・後悔なんてしない・・・)
    (覚悟は・・出来てる――)
    父と娘は墓のすぐ近くにある林の中で獣のように求め合った。

    娘の膣内に射精する父。
    (今にも・・立ち消えてしまいそうな不安・・・)
    (君はいつまで)
    (僕の側にいてくれるんだい・・・?)

    父は娘の肛門にも肉棒を突き立てる。
    (きっといつか その時がくる日まで・・・)
    「あっあっ・・あんッ、おっ、お父・・ッ、すっ・・すき・・ッ! 大スキィィッ!!!」
    「ホ・・本当かい知恵・・!?」
    (僕はずっと刻み込み続ける)
    (君との この貴重な時間を)

    (そっと・・・)
    (僕の前から君が消えてしまっても)
    (愛する人の声が)
    (いつまでも僕に聞こえるように・・・)
    愛する少女の喘ぎ声を聞きながら、彼は娘の腸内に精液を放出した。

    「近親愛」に溺れながらも、彼はその「禁断の関係」に終わりの時が来る事を覚悟しています。
    「こんな関係をずっと続けてはいけない」という大人としての「常識」。
    「娘の人生をこれ以上狂わせたくない」という父親としての「家族愛」。
    これらの感情もあるとは思いますが、彼は成長していく少女の心がいつか「禁忌の愛」を拒絶するであろう事を恐れているのです。
    その時、自分は彼女にとって憎悪の対象となるかも知れない。
    「男」としてだけでなく「父親」としても否定され、唯一の「家族」も失うかも知れない。
    それでも、彼は「普通の父親」には戻れないのでした。

    「ねぇ、お父さんはお母さんにナニ話したの?」
    少女が父に問う。
    「んー・・知恵が大きくなるまでヒミツかな」
    「えーっ、なにそれ ケチー!」
    「知恵は・・何をお話ししたの・・?」
    父の問いに少女が微笑む。
    「えへへッ、私もね まだナイショ!!」
    「なんだよ それ・・・そんな事言って・・どうせ教えてくれないんだろ?」
    「そんなコトないよ! だってねー 私いつかお父さんの・・・」


    彼女は父との「近親愛」が永遠だと信じています。
    無垢で愚かな純愛。

    父は少女のそんな「想い」を守っていけるのでしょうか?

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/294-c860f15f

    0件のトラックバック

    1件のコメント

    [C85]

    ★眠る娘にハメる鬼畜オヤジ★-近親相姦動画
    眠るろり~な中○生の娘のパンツをめくり
    パイパンの おまんちょ点検  ひそかに愛撫を繰り返すと

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索