FC2ブログ

    Entries

    可愛い妹は、正義!!(その1)

    今回は、楓牙の単行本『魅惑の扉』に収録されている全6話の「兄妹相姦漫画」について述べたいと思います。
    魅惑の扉

    「第1話」である『そして いつまでも』では、衝動的に「近親相姦」をしてしまう兄妹が描かれています。
    そしていつまでも

    学校の教室で友達がセックスしているのを目撃した少女。
    初めて「性」に対して興味を持った彼女は、兄の部屋で見つけたエロビデオを見ながらオナニーをするようになります。
    しかし、その事実を兄に知られてしまい、無理やり犯されてしまうのです。

    この時点では、兄にも妹にも「恋愛感情」などはありません。
    「近親相姦」をきっかけに相手を「異性」として意識して「禁断の愛」を感じるようになるというパターンは珍しくないのですが、「近親相姦」の後で兄は自分の行為を後悔しています。

    (しかし、まいったな・・・勢いで妹とやっちまった・・・)

    最低の兄貴ですね。
    本の後書きで「何も考えずに行動するバカです」と紹介されていますが、まさにそんな感じです。

    ただ、妹の方は兄に対して「禁断の愛」を感じるようになります。
    ただ、こちらも後書きで「元から兄を好きだったわけではなく、初体験の相手だから好きになった、という感じです」と説明されているように、その「愛情」に深みは感じられません。
    雛鳥が生まれて初めて見たものを「親」だと認識するような感じですかね。
    愚かなほど無垢な彼女には世間の「常識」が欠けているので、「禁忌への意識」が非常に低いのです。

    ちなみに、この「作品」には「兄」の弘明と「妹」の亜佐美の他に「妹の親友」である理香が主要人物として登場します。
    彼女は非常に重要な役割を持ったキャラであり、「第3者」としての視点で「近親相姦」という「禁忌」と向き合っていきます。


    「第2話」の『そして これからも』では、「禁忌への意識」に悩みながらも兄が妹と「近親相姦」を続けています。
    そしてこれからも

    彼には3年付き合っている「彼女」がおり、両親からは結婚の話まで出るのですが、兄は「妹」を選んでしまうのです。

    (俺と亜佐美は何回も何回もセックスした)
    (何回も何回も何回も何回も・・・)
    (自分達の現実を忘れるように―― 兄と妹であるという現実から逃げるように――)
    (俺達は何回もセックスした――)

    最初はちょっとした出来心で妹を犯してしまった兄が、「近親相姦」を続ける中でいつの間にか「禁断の愛」に目覚めています。
    亜佐美は常に受け身の姿勢であり、強い自己主張などは無く、セリフすらほとんどありません。
    基本的に彼女は甘えるか泣くかしか出来ないのです。
    そんな妹を「愛おしい」と感じるか「愚か」だと感じるかによって、この「作品」の評価が大きく変わってくると思います。

    (俺は最低な男だ)
    (人としても)
    (兄としても)

    (それでもかまわないと思う)

    (亜佐美が笑ってくれるなら――)

    兄に対する彼女の「愛情」はドロドロした情念のようなものではなく、極めて幼稚で極めてピュアな感情なのです。
    そんな妹の「綺麗な感情」が兄の「心」をも変えていったんですね。


    次回は、親友の理香が亜佐美に「常識」を突き付けます。

    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/257-cb1e1f33

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索