FC2ブログ

    Entries

    「妹の恩返し」は決して覗かないで下さい

    今回も となみさとし の単行本『妹(アタシ)とするの?』について述べたいと思います。

    この本は前回紹介した『PRESENT』以外にも「兄妹相姦漫画」が5作品収録されています。

    『SISTERLY』は主人公が「姉」と「妹」との「ダブル近親相姦」をするストーリーです。
    SISTERLY

    特筆すべき内容は無いですが、軽いノリのハーレム系が好きな人は楽しめるかも。


    『DOUBLE』も『SISTERLY』と同じような感じの「作品」です。
    DOUBLE

    主人公が「幼なじみ」と「妹」とセックスしてしまいます。


    『SAGA』は『PRESENT』と逆のパターンで、どんな男とセックスしてもイケない妹が登場します。
    SAGA

    兄に強姦されて「禁断の快楽」に目覚める妹。
    それまで兄に対して冷たかった妹が「近親相姦」によってメロメロになってしまうのがいいです。
    ただ、「禁断の愛」と言っても「性欲」の占める割合が非常に大きいので、「恋愛感情」はあまり感じられません。


    『GAME OVER』でも兄に対して態度が悪い妹が登場しますが、こちらの場合は「愛情の裏返し」といった感じです。
    GAME OVER

    兄が他の女性とセックスする事に対して苛立ちを覚えている妹は、すでに「兄」を「異性」として意識し始めています。
    それが「近親相姦」によって素直になり、最後は兄とラブラブな関係となるのです。


    『兄妹(ふたり)暮らし』は、この本の中で一番好きな「作品」です。
    兄妹暮らし

    両親が事故で亡くなって以来、兄が妹の「親代わり」になってきました。
    こうした特殊な環境は普通の「兄妹」とは異なる非常に強い「家族愛」を生じさせ、この「作品」でも妹が兄に対して「尊敬」と「感謝」の念を抱いている様子が描かれています。
    しかし、兄はそんな妹を「異性」として愛してしまった。
    それでも彼は「良い兄」を演じてきましたが、妹が「彼氏」を連れてきた事によって「禁断の愛」が暴走し、妹を犯そうとしてしまうのです。

    「・・なんで、どうしてこんな事するの?」
    兄に無理やり押し倒されてキスをされた妹が問う。
    「・・・今までずっとガマンしてた・・けどダメなんだ・・・そのうち みさきがどっか行っちまうと思うと、どうしようもなくなるんだ」
    兄がずっと秘めてきた「禁断の想い」を叫ぶ。
    「お前を誰にもわたしたくない!」
    その言葉に驚く妹。
    「兄妹のままじゃ いずれ一緒にいられなくなる・・だから・・・」
    「ヒドイよ・・・そんな事言うなんて・・・」
    みさきは涙を浮かべていた。
    「お母さんたちが事故で死んじゃったから、お兄ちゃん高校やめて働いてくれて大学も諦めたのに、私には高校行かせてくれて、でも私はお兄ちゃんに何もしてあげれてない。だから、お兄ちゃんの望む事なら何でもしてあげたい・・・」
    彼女は「妹」としての自分の「想い」を伝える。
    「・・・でも・・こんな事・・・・私たち兄妹だよ」
    「くっ」
    妹の「正論」を受けた兄が背を向けた。
    「・・ゴメン・・・」
    自らの「狂った愛情」によって何よりも大切にしてきた「兄妹の関係」を壊してしまった兄。
    「父さんたちじゃなく俺が死んでれば良かったんだ。そしたら、みさきをこんな風に傷つける事も苦労させる事もなかった」
    「こんな事 言わないで。お兄ちゃんと一緒で幸せだよ」
    「妹を襲うような兄だぞ!」
    「・・・・」
    自暴自棄になっている兄を悲しげに見つめる妹。
    「いいよ、しよ」
    兄を背中越しに抱き締めた妹が告げた。
    「兄妹だけど、いいよね。誰にもバレなければ」
    みさきは振り向いてくれた兄に笑顔を見せようとするが、流れる涙は止められなかった。
    「2人だけの秘密にすれば。ホントだよ、お兄ちゃんのためなら何でもしてあげる」
    「俺が悪かったから、もう泣くな!」
    「家族愛」と「禁忌への意識」との狭間で苦しんでいる妹を抱き締める兄。
    「いいの、私もずっとお兄ちゃんと一緒にいたいから。お兄ちゃんが私でいいなら」
    「俺はみさきじゃなきゃダメなんだ」

    たとえ「兄」が「変態」であっても妹の「家族愛」は変わりません。
    これまで感じてきた兄の「家族愛」が本物である事を知っているから。
    この世で「兄」だけが自分にとって「特別な存在」であったから。

    愛する妹を犯し、膣内に射精した兄。
    「・・みさき・・」
    「ん?」
    「まだ・・もっと・・・」
    「だめだよ、仕事遅れちゃう・・・」
    「近親相姦」に没頭して夜勤に遅れそうな兄を諭す妹。
    「帰ってから、たくさんして」
    「・・・・・」
    「心配しないで、私はどこへも行かないよ」

    結果的に「親代わり」としての役割は果たせなかった兄ですけど、これまでの苦労は並大抵のものではなかったと思われます。
    本来はまだ親に保護される「子供」でいられたはずの時から、妹を保護する「大人」である事を強いられたのです。
    その反動で妹の優しさに甘え過ぎてしまう事が懸念されますが、この妹なら上手く兄貴をリードしていくでしょう。

    彼女が「禁断の快楽」に溺れて「家族愛」を見失わなければ。


    ちなみに「あとがき」にも「兄妹相姦」のショート漫画が載っています。
    絵柄的にもストーリー的にも「エロ漫画」としては少しインパクトに欠けるかも知れませんけど、独特の味がある「兄妹相姦漫画」を描く作家だと思いますね。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/255-79a133dd

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索