FC2ブログ

    Entries

    比べてみて・・・10人の妹穴

    今回はゴージャス宝田の新刊『お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ』について述べたいと思います。
    お兄ちゃんクチュクチュしすぎだよっ

    この作家を初めて知ったのは同人誌でしたが、当時は「鬼畜ロリ漫画家」というイメージでした。
    しかし、「兄妹相姦漫画」を読んでから評価がグンと上がりました。
    単なるロリ好きではなく、「妹」に対する異常なまでの執着を感じさせるエロ漫画家ですね。
    この本に収録されている12の短編のうち10話が「兄妹相姦漫画」であり、いろいろなパターンのストーリーを楽しめます。


    『グリムロック』では、「近親相姦」という「禁忌」を犯した兄が「背徳感」に苦しむ様子が描かれています。
    グリムロック

    この本では基本的に明るい感じの「物語」が多いですけど、「妹とのセックスは決して気軽に行なえる事ではない」という考え方は共通していると思います。
    それがゴージャス宝田の「兄妹相姦漫画」の魅力になっているんですね。


    一番の異色作はラブラブの兄妹に「女」として母親が嫉妬する『おにづめ弁当』ですね。
    おにづめ弁当

    ちょっとホラータッチで、たまにはこういうストーリーも面白いです。
    注目すべきは異常な嫉妬心を見せる母親よりも、それに決して屈しない妹の「強さ」だと思います。


    個人的に一番面白かったのは『OUT!』です。
    OUT!

    小学生の妹と「禁断の関係」になっていた兄。
    しかし、その関係を察知しているような母親の言葉によって、妹から「異性」としての「別れ」を告げられる。

    「このままいくと、ウチの家庭メチャクチャになっちゃうよ? お兄ちゃん来年受験だし・・・そんな状態で集中出来る? それとも人生捨てる覚悟でアタシと家出る? どうやって暮らしてくの? ちゃんと瞳の事コト 守ってくれるの?」
    「だからってっ・・・お前はそんな簡単かよっ」
    「・・・気持ちの問題じゃ無いんだってっ」
    妹が兄に「禁断の愛」の限界を語る。
    「現実考えたら、どうしたって幸せにはなれないじゃん私達・・・兄妹なんだもん」
    「・・・・・わかったよ・・・」

    妹の「正論」に対して言い返す言葉が無い兄は「普通の恋愛」を始めます。
    そして、妹は友達と一緒に入った喫茶店で兄の交際相手と出会うのです。

    「洗濯物もたためないフツツカな兄ですが、よろしくお願いします」
    笑顔で兄の「彼女」に挨拶する妹。

    「普通の妹」として振舞う少女ですが、もちろんそのままで終わるわけがありません。
    ここから妹と兄の「想い」が爆発していく様子がハイテンポで描かれていきます。
    この暴走ぶりが「禁断の愛」らしくて好きです。
    終わり方も最高で、この兄妹に感情移入してしまいます。


    ちなみに「近親相姦漫画」ではないですが、『キャノン先生トばしすぎ』も楽しめました。
    キャノン先生トばしすぎ

    絵的な好みもあるとは思いますが、読み応えのある「エロ漫画」を描ける稀有な作家ですね。
    今後も「エロ漫画(特に近親相姦漫画)」に溢れる情熱を注いで、トばして欲しいです。

    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/238-637b19a6

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C29]

    やっぱ背徳感のある近親相姦マンガは感情移入しやすくて面白いですね!
    自分も読んでみようと思います
    • 2008-04-12
    • 名も無き者
    • URL
    • 編集

    [C30]

    同感です。
    「エロ漫画は気楽なストーリーの方が楽しめる」という人もいると思いますが、やっぱり「近親相姦漫画」は「背徳感」が無いと物足りませんね。
    • 2008-04-12
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索