FC2ブログ

    Entries

    「近親愛」を阻む「家族愛」の壁(後編)

    きりりんの『私が××だったころ』では、兄と妹が周囲の人間にその関係を隠しています。
    私が××だったころ

    まだ高校生の妹は「妻」として兄と共に暮らしているのです。

    「私をもっと孝輔くんのものにして」
    風呂場で彼の精液を飲み干した少女が哀願する。
    「だって、私は孝輔くんの、大好きな孝輔くんの・・・・およめさんなんだもん」
    彼女は彼の手を取って自分の濡れた性器へと導く。
    「だから、ね、あなた、して、私のここに、いっぱい、いっぱい、セックスしてえっ!」

    しかし、少女のヴァギナは勃起したペニスを受け入れるのには未成熟だった。
    激しい痛みが彼女を襲う。
    「大丈夫?」
    「う・・ん。最初のころよりだいぶ楽・・・」
    「そっか・・・よかった」
    彼が少女の頭に優しく触れた。
    (あ・・・)
    彼女の目から涙が零れる。
    「どうした? やっぱり痛いんじゃ」
    「ちがう、ちがうの」
    「じゃあ」
    「・・・・・き・・・すき」
    少女が泣き続けながら彼に告げる。
    「好きぃ・・・お兄ちゃん・・・・」
    その言葉に彼の顔色が変わった。
    「―――・・・何、言ってんだよ、だめだろ、忘れたのか、兄妹やめたのか、何のために、僕ら、二人・・・」
    彼は「過去」を思い出していた。
    息子を殴る父親。厳しい視線で息子と娘を見つめながらも愛しげに娘を抱き締めた母親。
    「たくさんのモノ失って、たくさんの人を裏切って、それでも、二人で生きていくって、決めたんじゃないか」
    「わかっ・・てるぅ、けど、今・・だけ、おながいい、今だけでいいからぁあっ」
    妹が兄に抱きついて「想い」をぶつける。
    「すきっ、お兄ちゃん、すきっ、すき、好きなのぉ、お兄ちゃんがぁあ」
    兄が妹の唇を奪う。
    「ずりーよ・・・さと。僕だって、さとの、お前のにーちゃんやめるなんて、そんなのぜって――いやだったのに!!」
    妹は兄も泣いている事に気づいた。

    少女は兄と「禁断の愛」を確かめ合いながらセックスをした。
    (お兄ちゃんを好きって気持ちは、あのころと少しも変わらない)

    「異性」として愛し合うために、彼らは「兄妹」である事を捨てて「夫婦」となった。
    (私たち二人で決めたことも後悔だってしてない)
    (でも)
    (それなら・・・)
    少女は「兄妹」であった頃の「絆」を思い出す。
    (それなら)
    (どうして、涙がとまらないの?)


    「兄妹」という家族関係が「近親愛」によって壊れていく。
    これは「家族」に限った事ではなく、「友達」や「幼なじみ」だった男女が「恋人」や「夫婦」になる事によって、これまでの関係は変質し、失われていく部分もあります。
    しかし、これまでの関係より二人の「絆」が強まる事を求めて、彼らは「恋人」になる事を望み、「結婚」を夢見るわけです。
    それに対して、「家族」は最も根深い「絆」を有している関係なので、これまでの家族関係を否定する形で「恋人」や「(法的には無理ですが)夫婦」になれば『私が××だったころ』のような問題が生じるのです。
    「兄妹でありながら恋人でもある」という考え方をすればいいわけですが、「禁忌への意識」を持った「常識人」ならば、「禁断の愛」を諦めるか「兄妹」である事を捨てるかのどちらかしか選べないのでしょう。


    「近親相愛」を続けていく者達は「普通の幸せ」を得られません。
    『私が××だったころ』の兄妹も、両親を裏切り、周囲の人達を騙し、自分達も傷つきながら暮らしています。
    自分はともかく、愛する相手にそんな人生を送って欲しくない。
    そう考えるのも「愛」の形だと思います。
    特に保護者的立場の者は、そういう感情を持つ傾向があります。
    でも、「近親愛」を捨て去る事は難しい。その「想い」を消そうとしても出来ない。
    『わすれな』『恋風』の兄達は、自分は「禁断の愛」を抱き続けながらも、妹は「普通の幸せ」を掴む事を願います。
    相手を思いやる気持ちは「家族愛」だけでなく「恋愛感情」が高まる事によっても強くなっていくので、彼らは悩み続けるわけです。
    まあ、ウジウジしている兄達は妹に引っ張られる形で「禁断の関係」を続けていく決意をするんですけどね。

    (俺達が出会えたのは、兄妹だったから)

    自分達が「兄妹」であった事をポジティブに考えられた時、彼らは「本当の幸せ」を得る事が出来ます。

    たとえ、世間からは「狂人」と呼ばれようとも。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/235-80f0bd08

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C279]  

    >お前のにーちゃんやめるなんて、そんなのぜって――いやだったのに!!

    いや兄妹で恋人になれば良いや無いですか
    そんな自分ルールで兄妹やめる必要ないがな

    [C280]

    一生世間を騙して隠れるように生きていかなければならない兄妹。
    その責任はやっぱり年上の人間が負っています。
    でも、お兄ちゃんは罪の意識を妹と共有したいんでしょうね。
    「俺たちは兄妹で恋人で夫婦なんだ」と言ってあげれば妹は救われるのに。

    コメントありがとうございました~!
    • 2013-03-22
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索