FC2ブログ

    Entries

    泣いている娘達(4)

    父親から「性的虐待」を受けている娘が殺意を抱く場合があります。

    墓場の『美希』では、少女が義父に無理やり犯され続けています。
    美希

    心の底から義父を憎んで「殺してやる」と叫びながらも、陵辱によって性的に支配されていく少女。
    まあ、「嫌がる女も徹底的に犯せば性奴になる」というのは、性欲絶対主義の「エロ漫画」の世界では「常識」であるとも言えますね。


    これが血の繋がった肉親相手ならば、憎しみや悲しみと共に快感もさらに大きくなるのかも知れません。

    九龍城砦『SinAfterSin』では、少女が8年ぶりに父親に会いに来ます。
    SinAfterSin

    両親が離婚して以来、一度も父親と会っていなかった娘。
    彼女は8年前の「記憶」を求めてやって来たのだった。
    「その頃の記憶だけ何故か抜けてるのよ。空白なんだってば!」
    「!」
    娘の言葉に父が驚愕する。
    「その“空白”に絶対に関係してるのよ。あたしの身体の異常・・・!!」
    彼氏に身体を触られると、全身から汗をふき出して、恐怖に包まれ、身動きもままならなくなる。同時に頭の奥に現れる父の顔。
    「まるで・・・悪夢よ!」

    その「記憶」が「父娘強姦」である事は明白です。
    そんな事は分かっているはずなのに、娘は父に「答え」を執拗に求めるのでした。

    「親のクセに娘のあたしに何したのよッ! 知られちゃマズイ様な事、何したのよぉ!!」

    娘によって追い詰められた父は逆ギレして、再び「近親相姦」をします。
    拒絶の言葉を吐きながらも実父に犯されてしまう少女。
    その中で彼女は閉ざされていた記憶の扉を開けるのでした。

    娘の膣内に射精する父。
    (自己防衛本能――)
    (真澄は無意識にその時の記憶を封じ込めたのだろう)
    (自分の精神を保護する為)
    (それは9歳の少女にはあまりにもショックな出来事だったから――)
    「真澄・・・すまん、出ちゃった・・・吐き出しちまった・・・ゴメンなぁ・・・最低オヤジでゴメンなぁ・・・」

    父の精液を注ぎ込まれた娘。
    (悪夢の正体はわかった――からと言って)
    (何も変わらない。悪夢は続いたままだ)
    (そう、8年前のあの日から)
    (そして、これからも――)

    「近親強姦」は少女の心に深い傷を与えると同時に、その身体に「禁断の快感」を刻み付けていたのかも知れませんね。


    しかし、犯され続けても「憎しみ」だけが膨らんでいく方が現実的ではあるでしょう。

    玄田生の『ヘルプレス』では、父親の「性的虐待」に苦しんでいる少女が描かれています。
    ヘルプレス

    安息の場所など どこにもない
    お前を慈しみ護る者など どこにもいない
    知っていた筈だ
    産まれ堕ちた あの瞬間に知った穢れと澱みを―――

    父親に殴られ、クスリを注射され、今日も無理やり犯される小学生の娘。

    誰もお前を救えない
    死んだように生き延びるくらいなら

    突破しろ

    突然、窓を割って侵入者が父娘の前に現れた。
    少女と同じ年頃の少年が特撮ヒーローらしいお面を付け、手にしていたバットを少女の父
    へと振り下ろす。
    しかし、その攻撃は太い腕で防御され、逆に吹っ飛ばされた少年は殴られ続けた。
    その光景を見つめている少女。
    「いやだ・・もういやだ・・・」

    誰のためでもない
    自分のため

    彼女は台所から持ってきた包丁で父の首を刺した。
    何度も何度も何度も刺し続けた。
    少年が後ろから抱き締めるように少女の手を止めた時、血まみれの包丁の刃は折れていた。
    「ごめん・・・助けて・・・あげられなかった・・・」
    少年が涙を流しながら謝る。
    「大丈夫。気が晴れた」
    少女が少年を見つめる。
    「一人ぼっちだけど、一人ぼっちじゃないもん」
    彼女は泣いていなかった。

    「――君たちがすごく辛い思いしたのは、よく・・わかってる。けど・・・どんなに辛くても、してはいけないという決まりがあるんだ」
    彼らに向って「大人」が「常識」を説いた。
    「わかりません」
    少年と少女は同じ答えを返す。
    「どうして人を殺してはいけないんですか?」


    「近親相姦」の裏の側面を描いた「父娘陵辱漫画」はどうしてもダークな終わり方をするものが多いですね。
    そういう「エロ漫画」に「実用性」を感じるかどうかは「読者」の好みしだいでしょうが、「近親相姦漫画」にとって重要な「背徳性」は感じられると思います。

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/224-f8aba729

    0件のトラックバック

    13件のコメント

    [C547]

    オッスオッスこんにちは、例によって「ブログ内検索で~」というガバガバな理由~(略)の私です。今度のは・・・
    戸籍謄本にも記載されているかは不明なものの、「母方の義弟としての叔父」で、「彼女」にとっては「兄」としての存在ですが真相は・・・という内容です。
    単行本の冒頭の作品「芽生える悪意」が前編で、
    その続きがこ↑こ↓→「繰り返の匣」のhttp://i.nhentai.net/galleries/613592/158.jpgのようですね。
    ところでURN貼りですが、例のサイト自体は日本に限ってもは恐らく数十万人単位が既に認知・利用してるかもしれませんが、
    これまでの直貼りは考えれば「今はまだ下火なだけ」の著作権の問題で、
    後々炎上に繋がる危惧もありますので、「画像URN」貼りに方針変更することにしました。
    ただ、大検索ともいえる各作品の検索用の数字URNと、
    「本の中のページ」を示すURNを、前までに貼ったURNでいじれば↔で進退できるシステムの指標になるはずだと存じます。

    [C548]

    こんばんは!

    おっしゃる通り、著作権はデリケートな問題ですね。
    おすすめの作品があれば、コメント欄でタイトルだけでも教えてもらえると本当に嬉しいです。

    叙火の単行本『悪意の匣』は、自分にとっても印象深い本です。
    初めて読んだ時は『芽生える悪意』のヒロインが「実姉」でなかったことが残念だったのですけど、単行本の描き下ろしである『繰り返しの匣』によって、幼い頃に肉親を失ったからこその「狂った近親愛」がくっきりと浮かび上がっていたと思います。

    • 2016-02-11
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C549]

    オッスオッスこんにちは、この回のテーマに沿うのまた発掘しましのでどうぞ。
    (既知の作品の発掘への共感だった場合のご返事もいいですが、私としては「新たな発見・発掘」のご報告であった方が好みっす)
    作品名は「罪被り姫」指標は   8613/493/   です。
    (空白を開けましたのでコピペしやすいはずと存じます。
    コピペでないタイピングで入れる場合はサイトのシステムの新設設計なのかどうか

    「ページの数字だけ」は半角・全角不問、最後のスラッシュも実際はなしでいけます。)

    あと、「かわはらしん」氏、の「 ハッピー・トーイ」にも  49118/62/  が最初の「成分」描写で作品内容的には「副題」というべきでしょうが「娘を手籠め」があります。

    [C550]

    こんばんは。

    作品情報ありがとうございます!
    • 2016-02-12
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C553] 珍妙なパスワードのURN数字貼り

    オッスオッスこんにちは、発掘しましたんで、どうぞ。
    最初の2作品は、妻と死別して精神を失調した父のです。

     16312/137/  「崩壊家族」 (結末として家族構成は父にとっての「再現」だけはされる…が…)
     
      24770/58 「WING BIRD]著・「あの子はデンジャラス!?」よりです (作品全体の途中から  、です) 
     精神的外傷に対して「肉体の脳の(まず確実に)物理的なダメージ」、「失調してる」のが父でなく娘という2つの要素が逆パターンですが、
    「くりようかん」収録「新・家族」  69200/146/  です。

    (2月19日20時半過ぎ追加分)
    発掘しましたんで、追加しまーす  
    笹峰ひでとし   「贄  10420/85/   」「業  10422/102/  」 (続きもの)
       それぞれ 途中入場と最初のページからの入場となっておりまーす
     

    [C554]

    こんばんは。

    たくさんの作品情報ありがとうございます!
    • 2016-02-17
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C555]

    (2月19日20時半過ぎ追加分、 でしたが、「修正」で追加にしたのが仇になってしまったようですね。)
    発掘しましたんで、追加しまーす  
    笹峰ひでとし   「贄  10420/85/   」「業  10422/102/  」 (続きもの)
       それぞれ 途中入場と最初のページからの入場となっておりまーす
    • 2016-02-23
    • 珍妙なパスワードのURN数字貼り
    • URL
    • 編集

    [C557]

    こんばんは!

    追加の情報ありがとうございます。
    • 2016-02-23
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C559]

    ブログ内検索で出た「ハッチ」氏の作品なのでご存知かもしれません。が、 作品名自体がピンポイントで出たわけでないので投下しまーす
     106332/296/  「モンスター」、でーすう。
    娘自身にとっての「虐待」という認識は、(おそらく成長してから改めて、全ての事情を再認識しても)気配低めかもしれませんが・・・  
     
    続いてはなんだか「駕籠真太郎」氏の漫画のを連想させる、小林少年(丸)のでーす。 
      107251/41/  
     最後、いつのまにか「蛻(もぬけ)の殻」になっていたのが、
    ホラー漫画の「富江」のある一遍(富江の差し金により、
    モデル生命を絶たれた男性ファッションモデルが、ある目的で富江の分身を量産するが・・・)、を思い出す作品です。
    • 2016-02-24
    • 珍妙なパスワードのURN数字貼り
    • URL
    • 編集

    [C562]

    発掘しますたんで、どうぞ 幸せの匣 (SHUKO)作(ブックマークよりのコピペ)      
      111809/121/  クッソ小せえ字・・・ 20%/年・・・  一日一「偽」善・・・ ある意味(暗黒の)「三位一体」ですね。(逆親子丼?もいれれば「カルテット(quartet) クアドラプル(quadruple))・・・四重奏(とでもいうべき)」でしょうが

    ところで、ちまちま1か2~3軒づつと数日~数週間あいても
    「まとめてのご報告」(「例のサイトに限らず、ネットでアーカイブ化されてる有限の資源」、に依存しますが)と、どっちがいいですか?
    • 2016-02-26
    • 珍妙なパスワードのURN数字貼り
    • URL
    • 編集

    [C563]

    作品情報ありがとうございます。

    コメントは無理のないペースで頂ければ嬉しいです。
    • 2016-02-26
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C564]

    まとめ系で見つけたものなので、ご存知かもですが
    例によってブログ内検索~でのガバガバな理由での一報ですが、
    tp://www.dechamore.com/archives/66320
    「曇りのち姦姦」、です。正規のURNからは削ってますが、どうぞ
    • 2016-03-05
    • 珍妙なパスワードのURN数字貼り
    • URL
    • 編集

    [C565]

    こんばんは!

    作品情報ありがとうございます。

    「父娘相姦漫画」には陰惨な内容の物語も多いですよね。
    • 2016-03-05
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索