FC2ブログ

    Entries

    母さんが目をそらすとき――大抵ウソをついている(その9)

    前回紹介した『たとえば母が』の「第47話」は「母子相愛物語」としてのクライマックス的な回だと思いますが、本格的な「母子相姦」が描かれるのは「第48話」です。
    たとえば母が(第48話)

    「禁断の快楽」を貪り合う母と息子。
    ピルを服用していない状態の美晴が何の迷いもなく息子の精液を膣内に受け入れる。
    マコトとのセックスでは得られなかった狂おしいほどの「快感」と、榊とのセックスでは感じられなかった純粋な「愛情」。
    その全てを与えてくれる「息子」との「近親相姦」に乱れ狂う母。

    この時点で美晴争奪戦の「勝者」は決まりました。
    「第49話」で美晴は榊に対してきっぱりと決別宣言をするのです。
    たとえば母が(第49話)

    「私には、もう このコだけでいいの・・・」
    全裸の美晴が榊の眼前で息子に寄り添う。
    「・・・・狂ってるよ・・・お前ら・・・」
    「――そうね・・・」
    榊の言葉を彼女は笑顔で受け止めた。

    榊が会社で一緒にいるという立場を利用してじっくり美晴を調教していけば、正樹が母を取り戻す事は出来なかったと思います。
    美晴と二人でセックス旅行に行ったり目隠し状態の美晴を正樹に犯させたりと余計な事をしなければ「勝者」は榊だったでしょう。
    この回で美晴が榊に言ったように、彼にとってはゲーム感覚だったのかも知れませんが、最初からそういう計画であったわけではないと思います。

    初めて正樹が榊と話した時。
    大人の余裕を見せる榊に正樹は全く太刀打ちが出来ませんでした。
    マコトという「恋人」の存在を正樹が明かしても、すでに美晴から聞いている榊は全く動じません。
    「ひとつ聞きたいんですけど」
    正樹と一緒に来ていた山根麻里子が彼を助けるように口を開いた。
    「恋人がいる、そして息子がいる。互いにそれがわかりあっていて、なのに そうしてつきあっていくこと・・それって不毛だと思いませんか?」
    「そうでもないさ。この年になって、ようやくわかってきたよ。SEXはそれらのエッセンスでぐっと楽しくなるとね」
    「つまり・・それが二人をつなぐもの・・だと?」
    「――まあ、マサキ君には悪いが・・そういうことだ」
    そんな榊に反論する言葉も無く立ち去ろうとする正樹。
    しかし、帰り際に麻里子が榊に告げる。
    「でも、おじさま、そんなエッセンスでしか楽しめないSEXって先細りしそうで、やっぱり不毛だと思うわ」
    「・・・・御忠告ありがとう」
    二人が喫茶店を出た後、一人残った榊が呟く。
    「なるほど、マンネリはいかんという事か」

    この後から榊の行動が暴走気味になっていきます。
    彼女がそこまで想定して発言したのかは疑問ですが、結果的には榊が麻里子の挑発に乗せられたとも言えると思いますね。

    正樹との電話で榊の「敗北」を聞いた峰子。
    『あの人がもし本気で美晴さんを愛そうとしていたら、結果は違っていたのかも知れませんね・・・』

    かつて麻里子が告げた言葉の真意を理解できなかった榊。
    美晴にフラれた彼は自宅の前で警察に捕まってしまいます。
    「第50話」で説明されているように、これは峰子の通報による「薬事法違反容疑」です。
    榊から全てを奪いながらも、彼を待ち続ける峰子。
    それが彼女なりの「愛情表現」なのでしょう。

    この事により榊は母子の前から消え、大学を退学した正樹は美晴と共に引っ越してマコトとの関係も絶ちました。
    たとえば母が(第50話)

    これまでの生活を捨て去った母と息子。
    一年後、彼らは「夫婦」として暮らしていますが、二人が育てている赤ん坊は話の流れからして正樹の実娘なんでしょうね。(たぶん)
    静かな生活を送りながらも夜になれば「淫乱女」の「本性」を見せる美晴。
    榊によって目覚めさせられた彼女の「肉欲」は、もはや薄れる事は無いのです。
    美晴のそんな部分も否定せずに受け入れて愛している正樹。

    (僕達は、男と女として この街にきて、“夫婦”として この街に住んでいる)
    (思えば この街でも多くの男と女が暮らしていて)
    (けれど中には 人には言えない秘め事と共に二人だけの時間を慈しんでいる人達がいるかもしれない)

    (――そう・・たとえば母が)

    (僕の女であるように)


    少し物足りなさを感じながらも、正樹の視点で読んでいた自分にとっては最高とも言える結末。
    しかし、もう少し客観的に見れば、必ずしもハッピーエンドではないのかも知れません。


    次回は、この長い「母子相愛物語」の総括をしてみたいと思います。

    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/217-43d7624a

    1件のトラックバック

    [T53] 近親相姦 母

    AV女優ギャラリー 大人気AV女優10名の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備しています。 母さんが目をそらすとき―...

    14件のコメント

    [C348] 家政婦は見た・・・榊家の秘密は 蜜の味(゜〇゜)

     こんばんは・・・ボクが先日コメントしました
    大橋さんの記事
     "家政婦は見た! 襖の向こうの「禁忌な幸せ」 " ただし 家政婦のミツ子さん じゃありませんよ^^ 
     それが きっかけで、思い出したことが あります。
    だったら "榊家の秘密"のほうが 市原悦子演じた石崎秋子(のぞき家政婦)のとって 格好のネタじゃありませんか!

     てなコトで 榊の生き様ををユーモア風味あふれるコメにしました 大橋さん 

     そうでした 市原悦子さんが ”家政婦は見た”
    で歌った主題歌が動画でありました。 声は言い声ですよ。

    で、1:29~1:49の 市原さんのモノローグが またいい味 出してるんですよ~http://www.youtube.com/watch?v=1vxQpcrRb0w

     榊からしたら こんな家政婦だったら 「ぜったい雇わん!」っていいそうですね。
    むしろ怖くて雇えんでしょ!

    逆に 奥さんの峰子からしたら こんな家政婦がいたら百人力な気持ち この上ないこと まちがいなしですよ。

    >美晴と二人でセックス旅行に行ったり目隠し状態の美晴を正樹に犯させたりと余計な事をしなければ「勝者」は榊だったでしょう。
     そこ かなり重要ですね。 息子のマサキではなく アブノーマルセックスを嗜好としてる者たちをネットで呼びかけて募集して 美晴と交わらせるとか、

     >帰り際に麻里子が榊に告げる。
    「でも、おじさま、そんなエッセンスでしか楽しめないSEXって先細りしそうで、やっぱり不毛だと思うわ」
    「・・・・御忠告ありがとう」
    二人が喫茶店を出た後、一人残った榊が呟く。
    「なるほど、マンネリはいかんという事か」<

     むしろ マンネリでもいいから コツコツと地道に美晴を調教してても 十分 美晴を性奴隷にできたってコトですよ。・・・あかんてぇ~榊ぃ~ 変なゲーム要素なんか取り入れちゃって・・・

     一番の失敗は 爆弾女”峰子”。彼女は ホント いわゆる”獅子身中の虫” "トロイの木馬"(あっ、・・・峰子がトロイ女って意味じゃないッスよ^^)

     拘置所でおつとめを終えれば まさに ”きっと幸せ~”です^▽^ 榊は^ー^

     

    [C349]

    zebraさん、こんばんは!
    『家政婦は見た』の主題歌聴かせて頂きました。
    市原悦子が歌ってたんですね~

    おっしゃる通り、榊の方がいろいろと危ない橋を渡っているので石崎秋子が喜んで行きそうです。
    ただ、確かこのシリーズでは「近親相姦」の「秘密」もありましたよね。

    麻里子や峰子はマサキの大逆転勝利に欠かせないキーマンでした。
    でも、榊はそういう生意気な女も嫌いではないのかも知れません。
    • 2013-06-04
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C350] 石崎秋子を敵に回したら怖いよ・・・峰子は芯は相当強かった女性です。

     返信コメントありがとうございます。大橋さん

    >確かこのシリーズでは「近親相姦」の「秘密」もありましたよね。
     補足をありがとうございます。 美晴とマサキの母子(=夫婦)の夜の生活をのぞき見したら たしかにそりゃ ショックでしょう・・・

    が、ここから肝心! 「家政婦のミツ子」の ミツコは 秘密をみたけど 踏み入らなかったじゃないですか・・・石崎秋子も 踏み入らないとおもいます・・・踏み入ってはいけない仁義があるんですよ!(ただ ミツ子と 違って秋子はオナニーは しませんケドね^▽^) 


    それに、 ふだんの生活の中で 趣味嗜好が変わってる人だからといっても 差別はしない!その人の心の器も 見てるんですよ・・・秋子さんは。

    ただし 家の主といえども 人として 横暴で周囲をないがしろにする者には 
    「それは いけませんよ・・・だんな様。奥様が だんな様の 言い方でどれだけ傷ついてるか おわかりになりませんか?」・・・と 面と向かって言うから好感持てます。  

     だからこそ 峰子だったら 心強いこと この上ないと コメントに書いたのは そこなんですよ~^^

    >麻里子や峰子はマサキの大逆転勝利に欠かせないキーマンでした。
     麻里子も ズバズバ 相手の心の核心をつく物言いが 好評でした。マサキもそれで 美晴の異常な淫乱ぶりを目の当たりにしてもおおいに前向きになったのも事実です。

    峰子も 美晴を殺そうとしたといっても その場になっても 元々できなかったかもしれません。
    ホントは 優しい 慈愛の女性だったから。

    表面的には榊のいいなりの"性奴隷"だったとしても 芯までは"奴隷"には できなかったのは榊が思ってる以上に 根本の精神が強かったからであって・・・・

    そんな峰子が 榊の不在時は「峰子抄」のように、 "男漁り"に精を出す姿も・・・・なんだか 慈愛に満ちてて 微笑ましいんですよね・・・(^ー゜)

    義理堅く「待ってる」と言いましたが・・・
    もう、いいんじゃない・・って 榊を忘れて 他の男に鞍替えしてもって 思うところもね~(・へ・)


    ばかばかしかったら 笑ってもらってもいいですよ。 


    [C351]

    zebraさん、こんばんは!

    峰子は今でも榊を愛していると思いますね。
    その執着心は病的なもので、榊の言うがままに性奴隷になっていたのも、マサキを応援して美晴を榊から引き離したのも、密告によって榊から社会的な力を奪い取ったのも、彼を自分だけのものにしたかったからでしょう。

    まあ、もちろんこれも自分の想像なんですけどね。
    このブログは、そういう妄想を楽しむ場所ですので。
    • 2013-06-05
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C353] 妄想を楽しむ・・・それも また 人生

     “好き”から逃げない”に ひき続きコメントします。

    >このブログは、そういう妄想を楽しむ場所ですので。
     ボクも 妄想・・・「たと母」キャラのイメージに合った曲を大橋さんに教えること・・・なんちゃって^^

    でもマサキと美晴の 母子相姦のテーマに 安全地帯の「月に濡れたふたり」は 
     なにこれ めっちゃぴったしやん・・・オレの選曲なんか目じゃねえ・・・なんて思いました。
    いまでも たまに聞いてます。大橋さんの選曲のセンスがピカいちですから・・・

    それに比べてボクはイマジネーションが弱いのでしょうか・・・

    マコトのイメージソングは「レイニードライブ」
    榊夫婦は「きっと幸せ」

    じゃあ峰子ひとりなら・・・それが・・・かなり迷ってます。

    峰子イメージの曲が なかなか・・・
    強いて イメージ曲を出すなら・・・

    BOΦWY 「ミス・ミステリー・レディー」・・・ですが・・・

     ミステリアスな雰囲気な曲で 峰子に まあ 合うかな・・・って・・・

    ただ 結婚してますので ミスではなく ミセス・・・
    「ミセス・ミステリー・レディー」となってしまいます(><)  リンク先↓
    http://www.youtube.com/watch?v=_cvojdP_-ZQ 

    大橋さん 興ざめしたら ごめんなさい。
    ホント 峰子のイメージ曲は?と 選ぶのが 難しいんですよ・・・・

    ただ・・BOΦWYの「ミス・ミステリーレディ」が収録されてるアルバム「ジャスト ア ヒーロー」の写真の氷室京介や布袋寅泰が 着ている 男物の黒のロングコートや ラフスーツを峰子が着ていると 想像すると・・・
    まあ これも妄想なんですが・・・

     着こなせるんじゃないかと 思ってます。

    大橋さんも 想像・・・じゃなかった 妄想してみてください・・・

     女性でも男性用スーツや上着をきこなせる人いるじゃないですか・・・
    峰子もなんだか 氷室たちが着ているスーツ しっくりなじんでる気がします。


    [C355]

    zebra さん、コメントありがとうございます!

    自分に”選曲のセンス”なんて無いと思いますけど、『月に濡れたふたり』は好きな歌なので聴いて貰えて嬉しいです。

    『ミス・ミステリーレディ』を聴かせて頂きました。
    アダルトな格好良さを感じる歌ですね。峰子に対するzebra さんの評価が高いのが分かります。

    また、妄想を広げられるような歌があったら教えて下さい。
    • 2013-06-09
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C356] ナンセンスなイメージ曲に ズルイ女の代表 山本由紀。

     こんにちは 大橋さん
    正樹⇔美晴 禁断の母子のイメージ
    ボク・・・平松愛理「戻れない道」
    大橋さん 安全地帯「月に濡れたふたり」

    大橋さんに分がありますね ボクが見ても 100+な曲です。おみごと・・・・

    ただ 
    マコト→甲斐バンド「レイニードライブ」自己評価80
    峰子→BOΦWY「ミス・ミステリー・レディ」自己評価85
    のつもりでしたが・・・甘かったかな^^

     ただ 榊夫婦のイメージ曲→市原悦子「きっと幸せ」は50点と低めです。半ば遊びで考えてイメージしたのがこの曲でしたからね。

    あと おっしゃるように最後に峰子は好きなキャラですね。
    性奴隷になって なんで そんなに健気なの?って・・・まあ 性奴隷を超えて ホントに愛してるんだなって 思いましたが。

    榊・・・もし 峰子にまで みこすり半・・・じゃなかった、三行半になったら ホント スッカラカンだよね。
     当の榊は あの傲岸不遜なふるまいでしょ。 おそらく ほかの愛人たちからは もうすでに、ハイ、バイバイって 手のひら返されて 見切りつけられてるのは まちがいないでしょう。


    あと ボクが 一番嫌いなのは 山本由紀ですね・・・
    マサキをセフレ扱いなのは いいんだけども 本命の男から殴られたのを見といて あとになって
    「ごめんね マサキ(表情は笑ってる)」って 誠意のこもった謝まりの言葉がなかったですね・・・
     暴力ふるう男は 嫌いねって 言っておきながら
    その男に ホイホイついていく・・・

     少し経ってから 電話で マサキを呼び出したとき そう 山根麻里子 同伴のときです。
     ケロっとした態度で 「まあ、子供ねっ わからないことはないけど・・」と言ったところが 大っキライでした。申し訳なさそうな雰囲気が ぜんぜんないもん。
     本命の彼氏にバレておきながら こうして なおセフレを続けようとする・・・
    見下してる・・・・

    これがもし  マサキではなく マコトなら・・
    もともと マコトは 由紀みたいな女とは 相性は マサキよりも もっと合わないでしょうね。
     セフレだけだったとしても マコトの方から 煙たがりそうな "ズルイ女"です。

    [C357]

    zebraさん、こんばんは!

    山本由紀は、まあ嫌われキャラですよね。
    でも、彼女がマサキの「良い彼女」であったら、禁忌の物語は始まらなかったかも知れません。

    自分のお気に入り女性キャラは(美晴以外では)山根麻里子ですね。
    母に対するマサキの歪んだ愛情も受け止めて「擬似母子相姦」までしてくれたり、由紀との対決の時もマサキとの仲を見せつけて「--もう用済みだから」と言い放つのが素敵でした。
    • 2013-06-10
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C358] キレ味鋭い女性 山根麻里子と 彼女のイメージ曲

    返信はやいッスよ 大橋さん。

    >由紀との対決の時もマサキとの仲を見せつけて「--もう用済みだから」と言い放つのが素敵でした。
     このシーン カッコええ~。大胆でしたからね 野外プレーとは。由紀も「ヘンタイが!」って罵って去っていきましたもん。

     まてよ・・・コレとおなじように 美晴がマサキと母子相姦したあと 榊がふたりの自宅アパートに来たときも 愛し合う姿を見せ付けたのとおなじッスね。

    「戸惑う私たちを見て満足できるハズだった・・・でも残念ね。思いどおりには いかなかったの。 あなたにとってはすべてが裏目。気づかせてくれてありがとう・・・そして さようなら 」

     「わたしのは この子だけ いいの・・・」
    「狂ってるよ・・・お前ら」
    「そうね・・・」

    美晴の一言も ズバっと そして 凛としてましたね。

    このときだって 榊は「狂ってるよ」と罵ったが 自分のしたことを棚上げして 罵るのは笑止千万でした・・・・性奴隷にして 人の人格を崩壊したり傷つけるのは"狂ってない"と言えないでしょうに・・・

     >また、妄想を広げられるような歌があったら教えて下さい。
     大橋さん 山根麻里子好きなキャラですか・・・山根麻里子も 難しかったですね。・・・でも なんとなくで あれば真理子のイメージ曲・・・ありました

    大黒摩季 「 チョット」 です。リンク先↓
    http://www.youtube.com/watch?v=UAsAq0oBjAg
     芯が強そうな女性を描いたような曲です。
    大橋さんは この曲は気に入ってくれますかな~?

     もうひとつ マコトの2つ目のイメージ曲 浮かびました。 これは 学食の女とセックスを気軽に楽しんで美晴との失恋から 立ち直りつつある頃をイメージしてもらえば ピッタシかな?

    氷室京介「Good Luck My Love」です。 リンク先↓
    http://www.youtube.com/watch?v=qT51K0I8tSw

    最後に 大橋さん、基本ボク 氷室京介(BOΦWYの時からも)キライですが、 彼の曲は いくつかは別です。でも この曲を選ぶと マコトを強度のロマンチストにしそうで・・・(・へ・;)どうかな~って (苦笑) 

    大橋さんも 氷室キライじゃないですか?まだ大黒摩季のほうが氷室より耳になじみますよ。





    [C359]

    zebraさん、コメントありがとうございます!

    おっしゃる通り、物語の終盤で美晴も麻里子と同じような行動をしましたよね。
    マサキって成人になっても母性本能をくすぐるタイプで、彼が「敵」と対峙した時には守ってあげたくなるんだろうなあと思いました。

    『チョット』と 『Good Luck My Love』を聴かせて頂きました。
    ヒムロックは友達が昔カラオケでよく歌っていましたが、個人的には大黒摩季の歌の方が好みですね。『チョット』も好きな歌です。
    やっぱりマコトはもう少し野暮ったいイメージかなあ。
    • 2013-06-11
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C360] たしかに ロマンチスト過ぎでした+美晴は 今までも これからも "性欲の権化"ですね。

    こんばんは 大橋さん
    ご指摘ありがとうございました。・・・そうですよね・・・・ マコトは野暮ったいのが似合いますね。

    「Good Luck My Love」は 洗練かつ ロマンチック過ぎでした・・・
    お友達はヒムロックの曲をカラオケでよく歌ってたのですか・・・

    じゃあ たぶん そのお友達は「たとえば母が」は 見ないとは思いますが 仮に見たとして・・・

    マコトのキャラをコミックで見ても
    氷室京介の「Good Luck My Love」をイメージ・・・と、なると う~~ん って 言葉に詰まってしますね。

    ボクも マコトをロマンチックに飾り過ぎな感じはしてました・・・

    野暮ったさで いうなら・・・
    マコトの 野暮ったさの出したイメージ曲・・・ 3曲目・・・あったには ありましたが・・・

    個人的には ボクは キライな曲です。
    マコトがらみが こうも続くと 大橋さんから
    「それも 違うかな~」と言われそうなので 恥ずかしいので曲名は省略します。

    それと、マサキ ホント守ってあげたいタイプなんですよね・・・
     今日もまた 母であり妻である美晴に 精力を吸われ続ける毎日なんでしょうね^^・・・うらやましい・・・

    けど・・・精力を吸われ続けるということは・・・寿命は短いのかもしれませんね~マサキ・・・逆に母美晴が長生きしそうで・・・怖い(((゜д゜)))ブルブル・・・榊の調教で淫乱性を引き出された状態だと もう美晴は
    "性欲の権化"と化してますよ・・・

    まるで女吸血鬼美晴と精力美男子マサキの
    吸い吸われの母子相姦・・・ まさに割れ鍋に綴じ蓋ですね。

    最後に 登場キャラに合わせたイメージ曲
    山根麻里子→大黒摩季「チョット」
    峰子→BOΦWY「ミス・ミステリー・レディ」は 自分の中ではベストなので 替えませんよ^^(自信満々)

    [C361] 永遠の淫母

    zebraさん、こんばんは!

    美晴も子育てをしているうちに多少は「性欲」が落ち着いてくるかも知れませんけど、それだと「エロ漫画」にならないので、我々読者がそうした姿を見ることはないでしょうね。
    • 2013-06-13
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    [C362]  美晴は女吸血鬼(?)なんです 人間としての理性を保つためには マサキが不可欠なんです

    スンマセン ここ数日残業続きでコメできませんでした。
    永遠の淫母でしたなら 同じ艶々さんの原作の
    「久枝背徳日記」、「はだかのくすりゆび」、「密やかに熟れる花」、「ひるがお」も そうなります。
    >美晴も子育てをしているうちに多少は「性欲」が落ち着いてくるかも知れませんけど、それだと「エロ漫画」にならないので、我々読者がそうした姿を見ることはないでしょうね。
     でしょうね・・・ただ 忘れてはならないのは 子育て時期(マサキの時も含めて)は 一時的に落ち着いてるに過ぎず・・・・

    子育てが一段落したら・・・・ってなコトに(^▽^)
    マサキがいるから 一定のブレーキが利いてるのです・・


    榊から調教されて引き出された"淫乱性"を完全にブレーキするのは もうムリでしょう・・・
    ただし、それはマサキ自身も 完全に性欲を抑えるのも 美晴同様 ムリですしね。

    そのきっかけがいうまでもなく 榊の長浜でのウィークリーマンションでの マサキと美晴の はじめてのセックス。 たしかに チンポがあれば ”誰でもいい”というのが当時の美晴のきっかけでしたが

    マサキもまた "母の真実を知りたい"が 当時のきっかけでした。

    たしかの大橋さんのpおっしゃってたように 母子で結ばれるきっかけになった 目隠し美晴とマサキの 禁断の母子セックスは 時に お互いが"運命共同体" "一心同体"・・・つまり どちらも 離れられない関係を決定づけたきっかけでも あります。

    どちらが 欠けても もう片方も"壊れる"。

    美晴も マサキも ・・・昼の顔と 夜の顔 つまり
    大げさかも知れませんが、"ジキルとハイド"になった母子なのですよ。

    PS・・・「たとえば母が」の赤コミックが17日に発売されます。ボクの思いついたキャッチフレーズは
    "女たちよ・・・・男たちに食い尽くされて {艶}が出る・・・" なんちゃって(^ー^)・・・・

    [C366]

    zebraさん、いつもコメントありがとうございます!

    美晴はホントに老けないですよね。
    母が美しさを保てるなら、マサキは精気を吸われ続けても本望でしょう。
    いずれ『たとえば母がExtra 赤』もこのブログで紹介したいと思っています。
    • 2013-06-18
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索