FC2ブログ

Entries

虚実媚膜(その4)

『相姦のレプリカ 第12話-母さんのくちびる-』では、真弓の「復讐計画」がついに本格始動します。
相姦のレプリカ(第12話)
セミの鳴き声が響く夏の公園のベンチに緊張した様子で座る少年。
手に持っていたスマホが鳴り、伯母からのメッセージを知らせる。
『準備完了よ 帰ってらっしゃい…』
彼が家に戻るとベッドの上に母が横たわっていた。
「ど・・どうしちゃったの? 母さん・・・」
「寝てるだけよ。当分・・絶対起きないけどね」

真弓は「大事な話がある」と言って響子に会い、コーヒーに眠り薬を入れたんですね。
少年は寝ている母親へ「欲望」をぶつけることに躊躇しますが、真弓は彼にも「勇気が出るお薬」を飲ませ、響子の声で囁きます。

『好きにしていいのよ、優星・・・母さん、寝たふりしててあげるから』

優星に飲ませた薬はかなりヤバいものらしいので、眠っている母と二人きりにされた少年が「理性」を保てるはずもなく、実の母親を全裸にしてしまいます。

「まっ、真弓オバサンの言うとおりだったんだね? 母さんも僕としたかったんだ・・・だから裸にされても寝たふりしてるんだね? そうだよね、母さん?」

もちろん何も答えない母の口を舌で犯し、勃起したペニスを母の唇にこすりつけて射精する少年。
「あっ―――!! 精子がっ!! 僕の精子がっ!! 母さんのくちびるにあたってる!!」

興奮した彼は休む間もなく肉棒を母の口に突っ込み、「睡眠フェラ」で口内に射精しますが、「禁断の欲望」はそれだけでは満たされず、少年の視線が母の股間に注がれてこの回は終わります。

個人的に「睡眠相姦」は大好きなので、こうしてじっくり描いてくれるのは嬉しいですね。
次回はいよいよ本番です。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/1270-7ff17950

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

大橋零人

Author:大橋零人
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア