FC2ブログ

Entries

虚実媚膜(その2)

『相姦のレプリカ 第10話-母さんの胸-』では、これまで母の前では秘めてきた「禁断の欲望」を少年が解放し始めます。
相姦のレプリカ(第10話)
深夜。
少年は女優の母親が帰宅していることに気づく。
彼が伯母の真弓に母の格好をして貰っていたことを謝ると、響子は優しく膝枕をしてくれた。
「あやまるのは母さんのほうよ・・優星に寂しい思いさせてたことに気付かなかったわ」
「じゃあ、怒ってないの?」
「ホントは少し怒ってる。母さんに内緒で真弓オバサンと仲良くして・・母さん妬いちゃった」
そう言って母が息子の耳をくすぐると、優星が笑顔で身をよじる。
「くすぐったいよ、母さん!!」
「ねぇ優星、して欲しいことあったら真弓オバサンじゃなくて、ちゃんと母さんに言って・・・わかった?」
「うん!!」
立ち上がって母に元気よく返事をする少年。
「約束よ」
響子はソファに座ったまま目の前の息子を抱き寄せる。
「好きよ・・優星・・・」
「じゃ・・じゃあ、母さん・・・」
「ん?」
「お・・おっおっ、おっぱ、おっぱい触って・・触っていい?」

これはかなりの爆弾発言だと思うのですけど、響子は「アハハ、何それ?」と笑った後、息子の願いを受け入れます。

「もちろん触っていいわよ。母さんのおっぱいはあなたの為にあるんだから・・・」

こうして少年は服越しに母親の乳房を揉みしだき、ノーブラだった母のおっぱいのやわらかい感触を堪能するのでした。

次の日。
優星は「ママ」になった真弓にペニスをしごかれていた。
「ママの言ったとおり、軽くなら触らせてくれたでしょ?」
「う・・うん・・・」
「ママの言うことを聞いておけば、間違いないんだからね、優星」
「う・・うん!!」

もう優星は真弓の言いなりですね。
少年は伯母にペニスを激しくしごかれても、咥えられても射精を我慢します。

(真弓オバサンと立てた作戦は三つ)
(オナニー射精絶対にしないこと)
(教わったHのやり方を復習しておくこと)
(オバサンの言うことを全部聞くこと)
(そうすれば、母さんと・・・)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/1268-d676a6a8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

大橋零人

Author:大橋零人
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア