FC2ブログ

Entries

伯母さんがママになってあげる(その6)

「ちょっ・・ぬ・・抜きなさい優星くん!! やっ、約束したでしょ!! 中には出さないって!!」
危険日に膣内射精された真弓は、「ママ」としてではなく、「伯母」として叫んだ。
「え? あ・・いって・・いいって・・・」
「それは電話の響子との話でしょう!! ああ、もうっ!! 早く戻ってシャワーで洗い流さないと!!」
「あ・・シャワーだったら、うち・・で」
「いいわ、渚もまだ帰ってないだろうから!!」
手早く服を着た真弓が甥に背を背を向けたまま部屋を出ていく。
「あ・・ママ・・オバサン・・・」

『相姦のレプリカ 第5話-真弓オバサンのレッスン1-』では、伯母と甥の「秘密の関係」が新たな段階に入ります。
相姦のレプリカ(第5話)
(僕はもう必死で―――)
(母さんの声が聞こえて―――)
(目の前にはママがいて―――)
(でも、そのママは真弓オバサンで―――)
(真弓オバサンはママだけど母さんじゃなくて―――)

伯母の剣幕から「疑似母子相姦」の終わりも覚悟した少年でしたが、翌日の伯母は優しい笑顔で許してくれて、彼に提案します。

「優星くんはもっとHをお勉強しないとダメだと思うの・・・だから、Hをお勉強する時はオバサンはオバサンのままで・・・そのお勉強した事を実践する時にだけ、オバサンがママになってあげるっていうのはどう?」

少年はこの提案を受け入れ、「疑似母子相姦」をするための練習として「伯母甥相姦」をするようになります。

甥にセックスの技術と悦びを教えていく真弓。
「オバサンの顔見て言いなさい。『ママ出ちゃう』って!!」
「出ちゃう!! 出ちゃう!! ママ!!」
「射精して、優星」
伯母の顔に大量の精液を放出する優星。
(精子がおし〇こみたいに出た)
(いつもと全然違った)
(真弓オバサンもいつもと違った)
(喉をゴクゴクいわせて、すごくいやらしい顔で僕のを飲んでた)
(それと・・・)
「次はもっとHな事しましょうね、優星」
(何でなのか、わからないけど)
(自分の事を僕にママと呼ばせた)

これまでにない「快感」を覚えながらも、伯母と「心」は交わらせていない少年。
彼が求めているのは常に「母さん」なので、ロングウィッグも被っていない伯母は単なる「性行為の相手」なんですね。

読者としては、そろそろ「実母ルート」に入って欲しいなあと思ってしまいます。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/1257-d71cabe4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

大橋零人

Author:大橋零人
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア