FC2ブログ

    Entries

    一相姦で二度美味しい(その2)

    『比翼連理』(後編)では、弟の学校の先生が進路の件で姉弟の自宅を訪れる事になります。
    比翼連理(後編)

    (あの声・・まさか?)
    先生の声を電話で聞いた姉が表情を曇らせた。

    姉弟の前でその教師は昔話をする。
    それは、まだ彼が若い頃、幼い少女をレイプしたという話。
    驚く弟の前で、無理やりフェラチオをさせられる姉。
    「オイッ、おまえ!!お姉ちゃんも何してんだよ!?」
    信じられない光景を目の当たりにしながら、弟が叫んだ。
    「良いから直樹くんは部屋へ戻って。お願いだから・・見ないで」
    教師のペニスを舐めながら弟にそう告げる姉。
    「やめろ・・っ」
    そんな姉を止められない弟。
    「少女のマンコはまだ狭いからクチでさせてた。授業中も休み時間も放課後まで。他の生徒に見つかりそうな緊張した状況で勝手に手淫しだしたんだ。それからはチンコを舐めるだけで少女は興奮するようになった」
    パンティの中に手を入れて姉の性器をまさぐる教師。
    「毛も生えていない小さなマンコに挿入するたび、愛液が溢れて痛みと快楽で小さく喘いだ声を聞きながら何十回何百回と膣内射精する度、俺の物だと確信できた・・・なのにっ」
    男の肉棒が姉の口に深く突き刺さる。
    「・・・うぐ」
    「やめ・・ろ」
    目を瞑り耳を塞ぎながら、弟が声を絞り出した。
    「学校に気付かれ、遠くへ転勤させられてっ」
    男の精液が姉の顔を汚す。
    「あっ・・んん・・あぁ・・う」
    秘唇を切なげにヒクつかせながら、姉が小さく喘ぐ。
    「瑞希・・っ・・・・会いたかった」

    「前編」で出ていた「少女」は過去の「姉」でした。
    性奴隷として調教されていた彼女は、弟の前であるにも関わらず、その男を拒絶する事が出来ないのです。
    しかし、嫉妬の炎を燃え上がらせた弟は教師を殴り飛ばし、ついに姉とセックスをして膣内射精までしてしまうのでした。

    「これでボクの、ボクだけの・・お姉ちゃんだ」
    「ああ・・ぁ、直樹くん、あたし・・も・・う、戻れない」
    荒い息を吐きながら姉が告げる。
    「後悔・・しないでね、直樹くん」
    「後悔なんてするもんか」
    姉の言葉に力強く答える弟。
    「・・ありがと、直樹くん」
    姉が弟に口づけをする。
    「あたしも・・ホントはこうしたかった・・・先生が居なくなって人目を避けて入院させられて、赤いカバンとお腹の子の重さを思い知らされたわ。だから男の子が産まれた時は嬉しかった・・・あたしだけのおちんちんができたから・・・」
    弟のペニスを見つめながら姉が告げる。
    「でも・・我慢してたのよ」
    「・・お姉ちゃん?」
    「だって・・あたし達」
    「やっぱり・・オマエは俺の子だよ」
    いつも間にか立ち上がっていた教師が姉の言葉を遮るように言う。
    「あの頃は堕胎できずにオマエを産んだ。しかし学校と少女の親は世間体を考え、少女の子を親の養子にしたんだ・・」
    呆然とする弟に男がウインクする。
    「戸籍上は義理の姉弟になってるが・・・実の母親とやれて満足か?」

    そして、「父」は去り、「母」は再び「息子」のペニスを自分の膣へと迎え入れるのでした。
    もはや、母の「禁断の欲望」は誰にも止められなくなるのです。

    ベッドの上で拘束された息子の上に跨って「近親相姦」をしている母。
    「またママの中に出したのね・・・いけない子。ママがおクチでしてあげるって言ったのに・・我慢できなかったの?」
    全身性液まみれの母が妖艶に微笑む。その腹の膨らみは彼女が妊娠している事を物語っていた。
    「・・・お姉ちゃん」
    「赤ちゃんに笑われるわよ・・・パパ」

    「家族愛」が「近親相姦」へと発展するには「性欲」が必要になりますが、彼女の「性欲」は幼い頃の体験によって歪んでしまっていたんですね。
    まあ、それが無ければ、「息子」も存在しなかったわけですが。
    息子にとっては不本意な形の「近親相姦」になってしまったかも知れませんが、戸籍上の「姉弟相姦」と生物学的な「母子相姦」を体験できたのですから、ある意味ラッキーです。
    彼にとっては今でも「姉弟相姦」なんでしょうけど、「母親とセックスしている」という意識もあるはずですね。

    次回も、こういう姉的な「母親」が出てくる「近親相姦漫画」について述べたいと思います。

    スポンサーサイト
    [PR]

    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/119-1f35ed63

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索