FC2ブログ

    Entries

    【簡単レビュー】姉の忘れ形見の姪を俺は犯した(前後編)

    【作者名・作品名】
    サークル杜屋の『姉の忘れ形見の姪を俺は犯した 前編』&『後編』
    姉の忘れ形見の姪を俺は犯した~前編~姉の忘れ形見の姪を俺は犯した~後編~

    【収録媒体】
    CG集

    【概要】
    姉夫婦が突然の交通事故で亡くなり、唯一の身内となった姪の椿を引き取ることになった。
    まだ女学生の少女は記憶の中の姉の姿にそっくりで、彼はかつての初恋を思い出す。
    (あの人と同じ、天使のように綺麗な子)
    (俺は再び恋をしてしまった)
    しかし、彼はもうあの頃のような初心な少年ではなかった。
    家事も完璧にこなす美しい姪に対して邪な欲望を抱いてしまった叔父は、風呂に入っている椿の豊満な肉体を覗き見し、睡眠薬を飲ませて眠っている彼女の処女を奪い、大量の精液を膣内に注ぎ込んだ。
    「椿、お前はもう俺のものだよ」

    【感想】
    こうして「睡眠相姦」をし続けるまでが『前編』で、姉のように姪を「他の男」に取られないように目覚めている状態で犯すようになるのが『後編』になります。
    椿は性格も含めて完璧すぎるほどの美少女であり、清純で理性的な娘という印象でしたが、信じていた叔父に犯され続けると、わりとあっさり堕ちていきます。
    これも『前編』の「睡眠調教」の賜物でしょうか。
    「初恋の相手である姉の忘れ形見」というのは「叔父姪相姦モノ」として理想的な設定だと思うのですけど、その姉が母の再婚によって「家族」になった「義姉」だったというのは、このブログ的にはマイナスポイントですね。
    「血縁」にこだわらなければ、クオリティも実用度も非常に高い作品だと思います。

    【評価】(100点満点)
    画力 :85点
    物語 :75点
    エロ :88点
    キャラ:78点
    背徳感:73点
    近親愛:75点

    スポンサーサイト
    [PR]

    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/1094-a8389c08

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索