FC2ブログ

    Entries

    禁断は気持ちいい(後)

    gemu555の単行本『いんもらりずむ』に収録された作品紹介の続きです。

    『ミリドルしちゃう?』ではサバゲー好きの弟が部屋にミリタリーアイドル(ミリドル)のポスターを貼っているのを見て、お姉ちゃんが「未来のミリドル」を目指してサバゲーに参加します。
    ミリドルしちゃう?
    姉のサバゲー参加は「ミリドルになれば真一(弟)が振り向いてくれるかも」という想いからであり、それを知った弟はゲームフィールドのテントの中で「近親相姦」をします。
    セクシーなコスチュームで活躍する姉の姿を見た弟が(・・他の男に見られているのが、ハッキリ言って嫌だった・・・)と思うところは、前回紹介した『わんでぃ~カノジョ♥』と同じような「独占欲」ですね。
    もともと相思相愛だった姉弟が非日常的な「サバゲー空間」の中で素直になり、心もカラダも結ばれるというストーリーでした。
    本の「あとがき」によると、サバイバルゲームが趣味な作者が希望して描いた作品のようです。


    『いもうとバースディ♥』では美しく成長した巨乳の妹が兄に「禁断のプレゼント」を求めます。
    いもうとバースディ♥
    母子家庭で育った兄妹は誕生日にもプレゼントを貰えず、涙ぐむ幼い妹に兄は「オレが早く大人になってルリカに何でも買ってやる!」と約束していた。
    その言葉の通り、稼げるようになった兄は妹にバースディプレゼントを毎年買ってあげるようになる。
    そして、20歳になった妹はこれまでとは違うモノを求めた。
    「今年のルリカのプレゼントは、お兄ちゃんをちょーだい」

    まあ、これだけ優しいイケメンお兄ちゃんなら、妹が「近親愛」を抱くのも当然かなあという感じですね。
    その「禁忌の願い」通り、兄妹はラブホテルで愛し合うのでした。


    『オタヒメオモリ』ではオタクの叔父がお嬢様の姪っ子に惚れられます。
    オタヒメオモリ
    エリートな兄の頼みで、同人イベントに行きたいという姪を引率することになったオタクの和樹。
    普段はまともに口すら聞いてくれなかった姪のヒロミは、イベント会場では屈託のない笑顔を見せ、「今日はホントにありがとう」と感謝の言葉を告げた。
    イベントで買ったエロ同人誌を強引に預けられると、翌日にはそれを読みに姪が家にやって来て、彼の前で同人誌を読みながらオナニーを始めるのだった。

    もちろん、これは少女の「誘い」であり、叔父さんがこの誘惑から逃れられるはずもなく、セックスしまくって「俺の女」にします。
    彼女の両親もこの「恋愛」を応援しているのでハッピーエンド。
    モテないオタク男が突然ハッピーになるという内容は、前回紹介した『パパになっちゃう?』と同じパターンですね。
    ただ、こちらの作品の場合は以前から叔父に対して姪が密かに恋心を抱いており、『パパになっちゃう?』ほど強引な展開ではなかったです。


    『覗き魅入るその先に・・・』ではマッチョに成長した弟が親代わりのお姉ちゃんと「近親相姦」をします。
    覗き魅入るその先に・・・
    不慮の事故で両親を亡くして以来、姉は進学を諦めて就職し、まだ幼かった弟を育ててきた。
    「強い男におなりなさい!」
    姉の言葉に従って柔道を習うようになった弟はみるみる逞しくなっていき、いつしか姉は実の弟を「異性」として意識するようになっていた。

    結局、弟の自慰を密かに覗き見ながらオナニーしているのがバレて、姉は弟の言うがままに服を脱いで犯されます。
    この物語も相思相愛なので明るい雰囲気のハッピーエンドですね。


    作者のブログでは「恐らく今回の本が僕の最後の単行本となる可能性が高い」と述べられていましたけど、少女から熟女までをエロく描ける作家なので、これからも期待したいです。
    雑誌の依頼でノーマルな内容のプロットを「近親モノ」に変更することもあったらしく、確かにこの本で描かれた「近親愛」はあまり深みを感じませんでした。
    作者本人はノーマルな作品を描きたいのかも知れませんが、このブログ的にはもっと「禁忌」を意識した「近親相姦漫画」を描いて欲しいですね。


    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/1030-57e8cbb3

    0件のトラックバック

    0件のコメント

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索