FC2ブログ

    Entries

    単純と複雑のあいだ

    2013年に『第1巻』を紹介した関谷あさみの単行本『千と万』は、今年発売された『第3巻』で完結となりました。
    千と万(第3巻)
    エロ漫画家として「父娘相姦」を描いてきた作者ですが、一般紙の作品である『千と万』は健全な「父娘家庭漫画」なので過度な期待はしないで下さい。

    淡々と父娘の「日常」を描いていた『第1巻』と同様に『第2巻』でも特に大きな出来事はありませんでしたが、『第3巻』では娘の詩万が失恋してしまいます。

    まあ、「失恋」といっても詩万はけっこう引っ込み思案な性格なので、好きだった彼に対しても年賀状のやりとりくらいしかしていないんですけどね。
    彼は自分に対する詩万の恋心に気づいてさえいなかったでしょう。
    いつの間にか彼と仲良くなったのは『第2巻』でノートを貸してくれた滝沢さん。
    容姿では詩万の方が上だと思うのですけど、努力家で誰にでも優しい滝沢さんには中身で大きく差をつけられていました。
    それでもコンビニで買ったモンブランを一人で食べながらポロポロと涙を流す姿は切ないです。
    もちろん、そんな娘の「失恋」に父は全く気づかないのでした。

    また、父の妹(詩万の叔母)である那由が結婚を考えている話があり、前回の記事でも述べたようにお気に入りの「妹キャラ」だったので寂しくもありましたが、物語の終幕に向けて区切りをつけた感じですかね。

    そして、最終話は父が中古車を買って終わり。
    「日常系」らしい終わり方とも言えますが、もうちょっと余韻が欲しかったかなあ。
    途中で掲載紙が休刊して別の雑誌に移ったりしたらしいので、あんまり円満な連載終了ではなかったんでしょうか。
    せめて「あとがき」で作者の思いを知りたかったですね。

    父親に対しては生意気でわがままだけど、内弁慶で子供っぽさが抜けない詩万はとっても愛らしいですよ。



    スポンサーサイト
    [PR]

    デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
    超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
    この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
    http://kinshinmanga.blog88.fc2.com/tb.php/1004-7702aee7

    0件のトラックバック

    2件のコメント

    [C590]

    近親相姦抜きでも好きなマンガだったのでぬるぬる~っと連載続けてほしかったですね
    途中で2年に進学してますし高校入学ぐらいまでは見たかったな

    [C591]

    コメントありがとうございます!

    おっしゃる通りですね。
    まだまだ続けられそうな内容だっただけに残念です。
    • 2016-12-28
    • 大橋零人
    • URL
    • 編集

    コメントの投稿

    投稿フォーム
    投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索