FC2ブログ

    Entries

    長い乳首には抱かれろ

    マスタングRの単行本『母性煩悩』(2004年発行)の表紙を見て分かるように、この作者の特徴は女性の異様に長い乳首です。もちろん作中でもよく摘まれたりしゃぶられたりしています。これがエロく感じられるかどうかは読者の好み次第でしょう。(ちなみに自分は嫌いじゃありません)この本には全2話の『ママはせんせい』も含めて「母子相姦漫画」が6作、「姉弟相姦漫画」が2作と全てが「近親相姦モノ」となっています。個人...

    「いいオンナ」それが「桃源郷」!!

    今回紹介するのは、Clone人間の『アルカディア』(2007年発行)です。リアリティを感じる熟女や少女の裸身を芸術的なまでに繊細なタッチで描く作家ですね。ただ、残念なことに「近親相姦漫画家」というわけではなく、この本にもストレートな「近親相姦漫画」は載っていません。全3話の『鬼畜に咲く花』は「義母相姦漫画」です。清楚な熟女が義理の息子によって心も身体も調教されていく様子がじっくりと描かれています。一度...

    「ごめんね」で済むならエロ本はいらない?

    今回は、ま☆くわの単行本『ごめんね美奈ちゃん』(全5巻)を紹介します。両親が亡くなって以来、兄とふたり暮らしをしている小学生の妹の物語です。「第1巻」は1990年発行とかなり古いですが、独特の絵柄が印象的でご存知の方も多いのではないかと思います。ロリータとしては発達した柔らかそうな肉体と大きな瞳の幼顔のアンバランスさが妙にエロティックでした。幼い妹に対する「禁断の欲望」と「家族愛」の狭間で悩み続け...

    天国と痴獄

    年末に大掃除が出来なかったので、ちょこちょこと本を中心に処分&整理をしています。思い切って一般漫画本270冊ほどをブックオフオンラインに送りましたが3000円にもなりませんでした。まあ、捨てるつもりで出したのでいいんですけど、数年前に40冊くらい送った時には2500円以上になったんですよね……(どんな本を送ったのかは忘れました)それはともかく、現在はエロ漫画の整理を始めているので、この機会にこれまで...

    三つの穴

    今年が始まって現在まで、このブログの記事で扱われているのは「母子モノ」と「兄妹モノ」が大部分で「姉弟モノ」がちょろっとという感じだったので、ここらで「父娘モノ」を紹介したいと思います。サークル自爆SYSTEMの同人誌は、その名もズバリの『父娘「おやこ」』。母親が亡くなって以来、父と暮らす三人娘の物語ですが、今回はストーリーが進むわけではなく、末っ娘のコメント付きの人物紹介が載っています。一家の大黒柱であ...

    叶わない。だから純愛。

    ずっと気になっていたブラコンアンソロジー『Liqueur―リキュール―Vol.2』をやっと最近購入しました。この本は「エロ漫画」ではありませんが、兄妹や姉弟のソフトな「近親愛」の物語を存分に楽しめると思います。帯の後ろに「24人の作家の描く、少女たちの叶わぬ恋の物語。」と書いてあるように、ほとんどの作品が女の子(姉か妹)視点で、能天気な明るいストーリーよりほろ苦い物語の方が多い感じです。以前に紹介した「第一弾...

    ワイルド母ちゃん

    ついこの前に除夜の鐘を聞いたと思ったら、もう2月。まさに「光陰矢の如し」ですね。さて、今回は風船クラブの同人CG漫画『悶絶!母ちゃんのオルガ日記』を紹介します。息子が小さい時に父親が亡くなり、それ以来、女手ひとつで息子を育てながら八百屋を切り盛りしてきた母親。「八百屋のお母さん」という設定は以前に紹介した華フックの『母親失格・私と息子のメス豚寝取られ性教育』でも使われていますが、こちらの母ちゃんの...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索