FC2ブログ

    Entries

    ママの危険な肉体

    ムチムチ熟女を描かせたらトップクラスの「エロ漫画家」である沢田大介。この『ダイナマイトママ』のような「母子相姦漫画」を数多く描いてくれている事が嬉しいですね。息子が所有していた熟女エロ写真集(しかも近親相姦モノ)を発見した母親。(想像だけならいいけど・・変な事に巻き込まれたら大変ね・・・)彼女は息子の精液がベットリ付いたティッシュの臭いを嗅ぎながら恍惚となっていた。(おっ おなかを痛めて産んだ大切...

    スノースマイル

    群青色の空の下 白い空がはらりはらりと積もりゆく「ただいま」 兄が家に帰ると、妹が知らない曲を聴いていた。 スミヤ の『冬がさむくて』に登場する兄と妹は、小さな部屋に二人きりで暮らしていました。  「結衣」 「おかえり お兄ちゃ」 少女が笑顔で振り返る。 「なんの曲?」 「おこづかい貯めて買ってきたんだ「白雪」って曲」 「寒いよ 今日」 「うん わかる。天気予報でマイナスだって言ってたから」 最後まで詳しい...

    妹が失ったモノ

    (嫁いでいた亜希が突然帰ってきた)(流産・・・)(自分の胎内で育っていく生命)(しかも その命を突然奪われてしまう喪失感)(男の俺には あいつに なんて言ってやればいいのか分からない)「亜希・・・さっき お前の旦那から電話があったぞ。身体は・・大丈夫か?って」彼は傷心の妹に声をかけた。「ケータイ・・電源切っちまってるのか? 声くらい聞かせて安心させてやれよ。お前達 夫婦なんだし」彼女は兄の言葉に答える代...

    「近親愛」という「夢」の終わり

    久しぶりに実家に戻ってきている兄。しかし、彼は妹に対して冷たく接していた。昔は仲の良い兄妹だったのに。いや、それは彼らの仲が良過ぎたゆえであった。さきうらら の『あの夏の日の成れの果て』に登場する兄妹は、かつて「禁断の関係」にありました。「結婚って何!? 挙式後その足で転勤先に引っ越すって・・・」兄とは「禁断の愛」で結ばれていると信じていた少女。そんな彼女は兄から告げられた「現実」を受け入れられなか...

    子宮にしっかり刻み込まれた性の味

    月野定規の最新単行本『痴情の女』は、最強クラスの「エロ漫画」だと思います。どんなシチュエーションでも少女でも熟女でも、例外無くヒロインがドロドロの肉欲に溺れていく「セックス絶対主義」が貫かれています。今回の単行本は過去4年間くらいの短編をまとめたものであり、絵柄にも多少バラつきがあるように感じました。個人的には昔の絵の方が好みのような気もしますが、もちろん現在もエロパワーは衰えていません。『3つ数...

    夢見る少女じゃいられない

    猫玄の単行本『妹のアレは気持ちいい』では、「兄妹相姦」がたっぷり楽しめます。今回は巨乳系の少女がメインとなっていますので、「ツルペタ信者」の方は注意して下さい。基本的には軽くて明るいノリのストーリーが多いですね。その中で「切なさ」を感じさせてくれるのが『1,000km』。「禁断の関係」となっていた兄妹。兄は田舎の実家にいる妹が学校を卒業したら東京で一緒に暮らすつもりでいた。自分達の「近親愛」は永遠に続く...

    「真実」は妹の中

    (数ヵ月前――)(妹にオナニーを見られた)勉強机に座りながら自慰をしていた兄。部屋のドアを開けた妹は目の前の光景に硬直する。(しかし そこでやめてしまう方が恥ずかしいと思ってしまった おれは)「見んなよ」(そのまま続けた)鶴田文学の『イビツナ・・・』の兄妹は部屋が一緒でした。妹にオナニーを見られてしまったのは、兄の 痛恨のミス ですね。しかし、この時から兄妹の「禁断の欲望」が暴走し始めるのです。妹が一緒...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索