FC2ブログ

    Entries

    穏やかなる「狂気」

    鬼魔あづさ の『あのこ』は、かなり昔に描かれた「兄妹相姦漫画」です。全7話の「作品」に単行本では冒頭カラーページと後日談の描き下ろしが追加されています。まだ幼い少年だった頃、彼は母と「禁断の関係」にあった。しかし、母が若くして亡くなった事で、彼の「近親愛」の対象は まだ赤ん坊だった妹へと移行していく。「物語」は離れて暮らしていた兄妹が共に暮らすようになるところから始まります。すでに社会人となっている...

    「お兄ちゃん」なんだから我慢しなさい!

    浦嶋嶺至の『あした妹が嫁ぐ夜』は、タイトル通り 妹が結婚する前夜の「物語」です。父と母が亡くなって以来、親代わりになった兄によって育てられてきた妹。結婚前夜も彼女はいつものように兄と自分の夕食を作った。「―― ごめんな未希、結婚するっていうのに満足に式も出してやれなくて」小さな食卓を挟んで妹と向かい合った兄が告げる。「―― そんなコトないよ。お父ちゃんとお母ちゃんが死んじゃってから お兄ちゃん1人でがんば...

    一家淫乱

    刻江尋人の『螺旋の血』は、仲が良い兄妹の人生が変わる「物語」です。慌ただしくも仲睦まじく登校する兄妹を見守る両親。「二人も もう16だ。あれ そろそろ どうかな?」出勤前の夫が背中越しに妻を抱き締めながら問う。「そうね あなた」仲が良いと言っても少年と少女は「普通の兄妹」であり、「性」に関心を持つ年頃になっても明確な「禁断の欲望」を持ってはいなかったと思われます。彼らは「近親相姦」が「禁忌」である事を知...

    そこに「禁断の愛」はあるのかい?

    「近親相姦漫画」において「血の繋がり」は非常に重要です。読んでいる途中で「義理の家族」だと判明すると一気にテンションが下がります。「血の繋がり」は「近親愛」や「背徳感」の感じ方に大きな影響を与えるのです。しかし、「血縁」という不変の「繋がり」が無いからこそ、「義理の家族」は「絆」を追い求め、それが「禁断の愛」にまで発展する場合があります。以前に紹介した前田千石の『絆のカタチ』や『心のカタチ』は そ...

    「姉穴」に入らずんば「禁断の愛」を得ず

    春城秋介は個人的に「絵」が魅力的だと思っている作家であり、これまでにも「兄妹相姦漫画」の『Necessary』と「義姉弟相姦漫画」の『メランコリー』を紹介してきましたが、一番好きなのは「姉弟相姦漫画」の『アネもね!?』です。OLの美人姉に「禁断の愛」を抱いている少年。シスコンの弟を子供扱いしてきた姉ですが、見知らぬ女の子にフェラチオをさせていた弟を目撃してからは、彼を「異性」として意識してしまいます。朝、洗...

    お母さんのセーラー服を脱がさないで

    成田香車の同人誌『9時から5時までの恋人 第三話』を購入しました。内容的には、雑誌に掲載された『9時から5時までの恋人』の後半部分のリニューアル版という感じで、昔のセーラー服を着させられた母が息子とセックスをします。母親が息子の子を妊娠する事に積極的になっていますので、すでに母子の「禁断の関係」は雑誌掲載2作目である『9時から5時までも恋人』のレベルにまで高まっていると言えます。こうなると、もう物語...

    貞淑な「ママ」でいて欲しい?

    「なぁ・・麻衣子! いいだろ? 今夜こそは・・・ん?」ベッドの上で夫が妻の肉体を求める。「ああっ・・あなた・・許して・・! 私・・今 そんな気分じゃ――!」「なんだ? あの日ってわけでもないんだろう?」「ああんっ・・嫌ぁあ・・ッ!」「ここはすっかり潤みきってるじゃないか。いったい何を嫌がってるんだ」「はぁうッ・・だっ・・め! 駄目ぇ・・!!」「・・・お前 まさか 他に男でも出来たんじゃあるまいな?」「なっ――...

    とある兄妹の禁断恋愛

    新年あけましておめでとうございます。本年が皆様にとって良い年でありますように。自分にとっては波乱の年になりそうだなあ・・・さて、本題です。(お兄ちゃんは あたしに いやらしい事を たくさん してくれる)実の兄に陰毛を剃られ、肉棒を咥えさせられ、グチュグチュに濡れた膣腔をまさぐられる少女。(―― だけど)(おちんちんは 入れてくれない)くどうひさしの『初恋のひと』では、兄妹が「近親相姦」の一歩手前の関係にな...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索