FC2ブログ

    Entries

    バカばっか・・・

    幼い頃に「家族」となった「義兄妹」や「義姉弟」は、自分達の関係が「義理」である事を知らない場合があります。(特に年下の妹や弟)「近親相姦」をした後で「実は義理の関係だった」と知るパターンは結構ありますね。この場合、「近親相姦」をしている時点では、少なくとも一人は自分達を「実の兄妹(もしくは姉弟)」だと思っているわけなので、「背徳感」を感じさせる演出が可能です。また、「禁断の関係」となった後に「義理...

    相思相姦

    「義理」の「兄妹」や「姉弟」の場合、「家族」としての「絆」が深まれば深まるほど、「男女」としての「恋愛」は難しくなりがちです。しなまの『義姉電』の義姉は過保護なまでに義弟を管理しています。友達からシスコンとからかわれる義弟は、姉離れをすると宣言する。そんな彼を教室まで迎えにやって来る義姉。「こらッ、こんな時間まで、なにバカ話やってんのよ!」「姉ちゃん・・・」「下校時間過ぎてるんだから早く帰りなさい...

    「義兄」に願いを

    前回紹介した『兄妹カンケイ』では義兄が義妹に一目惚れをして悶々としていましたが、ホリエの『妹恋』では、義妹が「禁断の想い」を胸に抱いています。大学を卒業してからフリーターとして自由気ままな一人暮らしをしている青年。もうこんな生活も3年になる。4年前に父親が再婚して、義母と義妹が出来た。(それから一年、オレは大学卒業と同時に家を出た)(新しい家族と上手くいかなかったわけではない)(ただ親父の幸せを気...

    近くて遠い「義妹」

    「恋愛」には「一目惚れ」というものがあります。前回紹介した『ボーダーライン』の義兄妹は極端な例ですが、親の再婚相手の連れ子に一目惚れしてしまっても不思議ではありません。しかし、その場合は通常の「恋愛」とは違う「好条件」と「悪条件」が発生します。「好条件」とは、好きな相手と一つ屋根の下で暮らせるという事。実際にはギクシャクする場合も多いでしょうが、コミュニケーションのチャンスは間違いなく多いです。し...

    「恋人」以上「兄妹」未満?

    「近親相姦」の「愛」は、「家族愛」と「恋愛」で構成されています。「家族愛」も「恋愛」も尊ばれている「愛」ですが、それが合わさると「禁忌」となるのです。一概には言えませんが、「母子」や「父娘」の「近親相姦」は比較的「家族愛」の側面が強く、「姉弟」や「兄妹」の場合は「恋愛」の側面が強いですね。特に相手が「義姉」や「義妹」で、出会ってから間もないならば、「家族愛」というものはほとんど発生しないでしょう。...

    悲しい家族計画

    霧恵マサノブの『アレイズ!』では、少女が「義父」だけでなく、「実父」との「相姦」も経験します。研究に没頭して妻と幼い子と別れた井永教授。今、彼の肉棒を舐めている少女は、かつて彼が捨てた「実娘」だった。父と娘が再会したのは、ほんの少し前の話。雨の晩にずぶ濡れで自宅の前に立っていた少女。彼は見ず知らずの少女を家に入れる。(・・下心が無かったと言えば、うそになる)シャワーを浴びた少女が全裸で彼の前に立つ...

    「禁断の恋」を唄う少女

    娘がいる女性と結婚する事で、夫はその娘の「義父」となります。大前提として結婚相手がOKしてくれなければダメですが、自分の意思で「義娘」を選ぶ事が出来るのです。Natoriの『Out of Mourning』は、妻(母)の墓参りから始まります。(ママがいなくなってから)(わたしが、ママの代わりになりました)父と共に墓前にいる娘の秘裂にはローターが挿入されている。(パパはいつも私を可愛がってくれます)「ねえパパ、これ取っ...

    愛しても愛しても、ああ兄の妻(その三)

    弟と義姉の「相姦関係」は、兄(夫)に対する「裏切り行為」です。これまで紹介した「作品」の兄はその「裏切り」に気づいていませんが、兄と弟は義姉(妻)をめぐるライバルだと言えます。Dr.DDTの『淫喪ラル』は、兄の葬式の場面から始まります。喪主である義姉の横に座る弟は思う。(兄貴が死んだ・・・)(・・いや)(ようやく死んでくれたと言うべきか)この時点で、義姉と弟は「禁断の関係」となっています。弟にとっ...

    愛しても愛しても、ああ兄の妻(その二)

    葵ヒトリの『ユメオボロ』の義姉はお酒に弱く、酔うとすぐ眠ってしまいます。「眠っている女」が目の前にいる時、「エロ漫画」の主人公として「やるべき事」は決まっていますね。兄(夫)が残業がちで寂しいという義姉は、彼をしばしば夕食に招待していた。そして、お酒を飲んだ彼女は義弟の前に無防備な寝姿を晒すのだった。美しい義姉に憧れている少年は、眠っている彼女の豊満な乳房を剥き出しにすると、欲望のままに口と手で愛...

    愛しても愛しても、ああ兄の妻

    「父の再婚相手」だけでなく「妻の母」も「義母」と呼ばれますが、「近親相姦」の「背徳性」は感じられないですね。別の意味で重大な「背徳行為」ではありますけど。「娘の夫に抱かれる熟女」というのもかなりエロいですが、特に印象に残る「作品」は無いですね。逆に、「義父」が「息子の嫁」を犯すという「作品」もあります。中華なるとの『義父』もそういう「嫁姦漫画」です。夫を愛する「妻」が「夫の父」によって「淫婦」へと...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索