FC2ブログ

    Entries

    雌母降臨!!!(その8)

    「おめでとうございます」医師からの祝福に熟女は驚きと困惑の表情を浮かべた。「そ・・何かの間違えじゃ・・・」「はっはっはっ、間違いありません。早くご主人に報告された方がいい。おめでたいですから」前回まででClone人間の『真珠色の残像~家族が寝静まった後で~』の紹介は終わりましたが、同名の単行本にもうひとつの「義母姦漫画」が収録されています。『夫婦の在処』に登場する「義母」は、『真珠色の残像』のような「...

    雌母降臨!!!(その7)

    「百子さんの後ろの処女戴けるなんて光栄です」「はあ・・まって、恐いわ・・初めてです・・っ」祐介は量感ある義母の尻肉を両手で広げ、妖しくヒクつく肛門に亀頭を沈めていく。「だめ・・ダメです・・ッ」「すごい僕のものが小さな穴に呑み込まれていく」「祐介さん、まって・・っ、無理です・・ッ、あ・・まって・・無理・・ッ、ああああ・・ッ!!」Clone人間の『真珠色の残像~家族が寝静まった後で~』の「最終話」では、冒...

    雌母降臨!!!(その6)

    Clone人間の『真珠色の残像~家族が寝静まった後で~』の「第6話」は、前回に続いて「過去」の「睡眠義母姦」が描かれています。義息子に犯されながら熟女が眠っているとは思えないほど乱れまくるわけですけど、睡眠姦好きとしては(ちょっと反応しすぎだなあ)と思いました。ただ、淫夢を見ている百子が見悶えながら発した言葉が重要なポイントになってきます。「あぁ・・ゆ・・・ゆうすけさん・・だめ・・ん・・ちゃうう・・ゆ...

    雌母降臨!!!(その5)

    初めて犯された時のように家族温泉の石床で激しく突かれながら、あられもない喘ぎ声を上げる美しい義母。「ああ・・あぁん! あ・・あうう・・きゃうう・・ッ、ンああンん・・っ」(人妻より背徳的で、実母より道徳的)「あ・・いい・・んひいいいっ、んひい!」(人妻よりいつわらず、実母よりためらわない)「おちんぽ・・ッ、おちんぽいい・・ッ、もっと・・きて・・ン」美貌を肉欲に蕩けさせた熟母が告げる。「わたしの中で祐...

    雌母降臨!!!(その4)

    Clone人間の『真珠色の残像~家族が寝静まった後で~』の「第4話」は、前回ラストに続いて義理の母子がコタツに入りながら発情しています。各話がエロシーンで繋がっていて、必ず冒頭から淫らな展開になるのがこの物語の特徴とも言えますね。娘がすぐ側にいる状況で義息子の勃起を咥えこむ熟母。(わたしの中で沸き起こる、この気持ちはなに・・・)(取り返しのつかない禁断の領域・・だめ・・・・よね)(いいはずない・・だめ...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索