FC2ブログ

    Entries

    なんということでしょう! 可憐な美少女が匠の技でアヘ顔の牝犬に!!

    今回は流一本の単行本『僕の知らない彼女の淫貌』を紹介したいと思います。流一本と言えば、過剰なまでの「アヘ顔」を得意とする作家ですよね。同じ「アヘ顔職人」である月野定規がモノローグを多用して雰囲気を盛り上げるのに対して、流一本はほとんで絵だけで表現しています。日常シーンの絵柄はさほど特色もないように思えるのですが、セックスシーンのクライマックスでの過激な描写は、この作者ならではという感じです。ちなみ...

    「幼なじみ」考察(その5)

    「幼なじみ」が普通の「友達」より強い「絆」を持っているのは、幼い頃より親しくしてきた「歴史」があるからです。しかし、相手に「過去」を知られている事がマイナスになる場合もあります。Cuvieの『手をつないで』(全2話)に登場する少女は、「幼なじみ」の少年に恥ずかしい過去を知られている事を気にして、自分の「恋心」を隠しています。彼にとっては懐かしい「思い出」も、恋する女の子にとっては致命的な「汚点」となる...

    「幼なじみ」考察(その4)

    作り手として考えると「家族的幼なじみ」は扱いが難しいキャラではないでしょうか。物語の最初から強い「絆」を持っている関係ゆえに、「恋愛物語」としての盛り上がりに欠けてしまう危険性が高いように思われます。今年放送していたアニメでもたくさんの「家族的幼なじみ」が登場していますけど、「ヒロイン」としては二番手・三番手に位置している場合が多いですね。「家族的関係」が強いと「恋愛」の「刺激」が少ない。しかも、...

    「幼なじみ」考察(その3)

    「幼なじみ」は必ずしも同い年とは限りません。『To Heart』の 神岸あかり のように同い年の方が同じ時間を共有しやすいですが、相手の少女が年上や年下だと「姉的幼なじみ」や「妹的幼なじみ」となる事があります。『ToHeart2』では、柚原 このみ と 向坂 環 という二人の「幼なじみ」が登場します。このみ が1つ年下で、環(タマ姉)が1つ年上であり、それぞれのキャラが あかり と差別化するような性格設定をされているのです...

    「幼なじみ」考察(その2)

    前回は「家族的幼なじみ」の「世話女房タイプ」を紹介しましたが、春風道人の『いとしいキミ』はその逆のパターンです。(江川飛鳥は僕の幼馴染みだ)(僕と違って飛鳥はクラスの人気者)(何をやらせてもソツなくこなすのに嫌味っぽくないし)(気配り上手で面倒見がよくて人望もある――)(弱点なんて見当たらない完璧超人なんだ)その上、スタイル抜群で容姿端麗の美少女だから、まさに非の打ち所が無い。(――学校にいる間だけは...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索