FC2ブログ

    Entries

    ねらわれた柔肌は淫らに染まる

    (事故で兄さんが逝って5年)(当時小学生だった僕も今は高校生になって――)(僕は今でもまだ)(弥生さんと暮らしている)月野定規の単行本『ボクの弥生さん』は以前にもこのブログで少し紹介しましたが、主人公の少年は亡き兄の妻である弥生とずっと二人暮らしをしており、義姉を「異性」として意識していました。若い頃は暴走族チームのリーダーであった兄貴と一緒にヤンチャなことをしていたが、今では優秀な看護師として働い...

    職業選択の自由アハ~ン♪

    今回は、八十八良の『家庭内エロゲ規正法』を紹介します。昼間っからカーテンを閉め切った部屋でエロゲーをしている青年。そんな彼の生活の乱れを指摘したのは、兄の妻である義姉でした。「いい大人が昼間っからエロゲなんて、恥です恥!」カーテンを開けた義姉が説教する。「昼間っからって・・・バイト休みなんだし好きにさせて下さいよ」「今まで好きにさせてきたから、実家に寄生してエロゲ三昧になったんでしょうが」なかなか...

    愛しても愛しても、ああ兄の妻(その三)

    弟と義姉の「相姦関係」は、兄(夫)に対する「裏切り行為」です。これまで紹介した「作品」の兄はその「裏切り」に気づいていませんが、兄と弟は義姉(妻)をめぐるライバルだと言えます。Dr.DDTの『淫喪ラル』は、兄の葬式の場面から始まります。喪主である義姉の横に座る弟は思う。(兄貴が死んだ・・・)(・・いや)(ようやく死んでくれたと言うべきか)この時点で、義姉と弟は「禁断の関係」となっています。弟にとっ...

    愛しても愛しても、ああ兄の妻(その二)

    葵ヒトリの『ユメオボロ』の義姉はお酒に弱く、酔うとすぐ眠ってしまいます。「眠っている女」が目の前にいる時、「エロ漫画」の主人公として「やるべき事」は決まっていますね。兄(夫)が残業がちで寂しいという義姉は、彼をしばしば夕食に招待していた。そして、お酒を飲んだ彼女は義弟の前に無防備な寝姿を晒すのだった。美しい義姉に憧れている少年は、眠っている彼女の豊満な乳房を剥き出しにすると、欲望のままに口と手で愛...

    愛しても愛しても、ああ兄の妻

    「父の再婚相手」だけでなく「妻の母」も「義母」と呼ばれますが、「近親相姦」の「背徳性」は感じられないですね。別の意味で重大な「背徳行為」ではありますけど。「娘の夫に抱かれる熟女」というのもかなりエロいですが、特に印象に残る「作品」は無いですね。逆に、「義父」が「息子の嫁」を犯すという「作品」もあります。中華なるとの『義父』もそういう「嫁姦漫画」です。夫を愛する「妻」が「夫の父」によって「淫婦」へと...

    Appendix

    プロフィール

    大橋零人

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索