FC2ブログ

    Entries

    【簡単レビュー】母子にケーションから金母へ

    【作者名・作品名】児妻の『母子にケーションから金母へ』【収録媒体】雑誌『COMIC MILF 2017年4月号』【概要】初めの頃は泥酔したフリをしながら幼い息子とまぐわっていたが、今ではシラフで愛し合うようになっている熟母。究極のスキンシップによって彼女は息子との「絆」を取り戻し、相変わらず仕事に追われながらも幸せな毎日を送っていた。しかし、「お母さんとえっちすること」をネットで調べた息子は、それが「気持ち悪い」...

    キンママシンドローム

    今回紹介する児妻の単行本『金曜日の母たちへ』には、このブログで紹介した『マザーコンドーム』、『布団を母子て』、『母子にケーション』、『涙を拭いて』、『交換息子5.6』が収録されています。ムッチムチのお母さんとショタの息子が明るいノリでセックスする「母子相姦漫画」ばかりですね。まだ紹介していなかった『母子子子子子子相姦』では、子だくさんのお母さんが6人の息子たちと「近親相姦」をします。(楽に見られがち...

    そして〈母〉はせまられる(後)

    まだ幼い子供の頃、響子は妹と一緒に両親のセックスを覗き見てしまったことがあった。父の上に跨って腰を淫らに振りたくリ、自ら乳房を揉みしだく全裸の母。これまで見たこともなかった妖艶な「女の顔」に少女は恐怖を覚えた。『近女誘惑 照彦とお母さん編』に登場するヒロイン――堅井響子は、幼少時代に見たセックス中の母親の姿がずっとトラウマとして残っているんですね。その出来事の後、両親は母の浮気が原因で離婚し、姉妹も...

    そして〈母〉はせまられる(前)

    (どうしてこんな事になってしまったのか・・)(あのメールが来てから狂い始めてしまった)(・・いえ、私の知らない所で、すでに狂い始めていたのだ)灰司の『近女誘惑 照彦とお母さん編 前編』では、前回紹介した『序章』で「謎の人物」から脅迫された熟母が命令通りに「禁忌の扉」を開いてしまいます。ノートPCのカメラで視られながら「3つのミッション」のクリアを指示される響子。『従わなかった場合、あの動画が即ネット...

    そして〈母〉はせまられる(序)

    息子の面倒を見て、旦那をあしらってからパートに出掛ける。そんな「日常」がこれからも続いていくのだと彼女は信じきっていた。息子のノートPCに保存されていた「禁忌」の動画を見るまでは。灰司のデジタル漫画『近女誘惑 照彦とお母さん編 序章』に登場する母親が見たのは、自分の妹が「母子相姦」をしている姿でした。この物語は以前に紹介した『近女誘惑(ママ編)』の続編的内容であり、前作の母の姉が熟女ヒロインとなって...

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索