FC2ブログ

    Entries

    したたり熟れる美母の巨乳

    今回紹介するのは草津てるにょの単行本『パコパコしちゃう』です。(本のタイトルはもうちょっと考えた方がいい気が・・・)エロ漫画愛好者なら知らない人はいないくらい有名な作家ですよね。「近親モノ」をほとんど描かないのがこのブログ的には大いに不満だったのですけど、以前に紹介した『メス・ママ』はラストで「目隠し母子相姦」が描かれています。また『メス・ママ』(雑誌『COMIC X-EROS第10号』に収録)の紹介記事に対す...

    罪人達のペイヴメント(その9)

    今回で風船クラブの『母姦獄』の記事は終わりです。もっと簡単な紹介にするつもりが、かなり長い文章になってしまいましたね。いつものようにネタバレ上等で最後まで書きますので、未読の人は注意して下さい。『カイト見てるか・・皆帰った、残るは俺達だけだ』カメラは大股開きの格好で倒れている精液まみれのマヤを撮っていたが、遠くの部屋で縛られたカイトは俯いて、もう母の姿を見てはいなかった。『さすがはおばさんだ。期待...

    罪人達のペイヴメント(その8)

    これまで紹介してきた風船クラブの『母姦獄』は、四冊目の単行本『母姦獄∞(INFINITY)』でいよいよ完結します。カイトはシズクの部屋で『13.6.15 マヤ』と書かれたDVDを発見し、マスク熟女がやはり母であったこと、その陵辱の首謀者がレンであったことを知りますが、その直後にシズクによって後頭部をワイン瓶で強打されて意識を失ってしまいました。一方、息子に犯されそうになったマヤは涙を流しながら「もうここにはいられな...

    罪人達のペイヴメント(その7)

    今回紹介するのは風船クラブの単行本『母姦獄 ―惨―』の後半です。次巻で『母姦獄』は完結となりますので、これから物語は「起承転結」の「転」の部分へと展開していきます。体育館で複数の男達にメチャクチャに犯されながらマヤは隠しカメラで撮られている息子が熟女の保険医に「俺の恋人になってくれませんか!」と告白しているのを聞いた。『え・・』「んぁ、はへぇえ、んはぁあ、ほぉお」『俺・・先生の事、一目見て好きになっ...

    罪人達のペイヴメント(その6)

    風船クラブの単行本『母姦獄 ―惨―』には、これまで紹介してきた長編『母姦獄』の「第17話」から「第26話」までが収録されています。残念ながら「第16話」のラストにあった風呂場で母が息子の自慰を手伝うシーンは「第17話」の冒頭ですぐ終わり、このままだと間違い(=近親相姦)を犯してしまうから仕事(=精液便所)をさせてくれとマヤはレンに哀願します。そんな彼女を見たレンは「フ・・いよいよ次の段階か」と呟き、...

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    ライブ