FC2ブログ

    Entries

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その12)

    御手洗佑樹の『いかにして母は女を解放したか After Story』は、本編から3年が経った「後日談」です。この話の静也が17歳ということなので、本編の時は14歳の中二だったんですね。母子は今でも仲良しで、毎週日曜日という取り決めで「近親相姦」を続けていました。「今日は生でしてもいいでしょ? 母さん・・・」ベランダでの散髪を終えた静也が後ろから母に抱きつき、豊満な肉体をまさぐる。「あっ」「前もその前もずっとゴ...

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その11)

    「あのさ・・母ちゃん、オレ学校行くけど・・・今日も弁当ない・・の?」「あるわけないでしょ。しつこいガキねぇ」息子の苦笑交じりの言葉にマニキュアを塗りながら平然と答える母。「昼飯抜いて死んだ人間なんていないわよ。そこにあるエサでも持っていけば?」「あ・・うん」カップラーメンを一瞥する修一。「じゃ・・いってくる・・けど、あんま無理すんなよ仕事・・・」そう告げて彼は出かけて行った。「無理してる? 私が?...

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その10)

    御手洗佑樹の『いかにして母は女を解放したか Episode 0(前後編)』は、もうひとりの「母」――桐野まどかが秋月春香とは違った形で「女」を解放したエピソードです。この物語での「悪役」は「ミセモノゴヤ」の経営者である斉藤。違法売春以外に薬物も扱い、裏社会と繋がりを持っている本物のワルです。蒸発した夫の多額な借金を肩代わりした斉藤は、まどかを「ミセモノゴヤ」の初代教育係にするためにドラッグを使った調教をしてい...

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その9)

    「ほ・・ホントに入れるの・・? 静也・・・ソコは・・・」四つん這いになった全裸の母がバックから挿入しようとしている息子を見る。「だって母さんの全部を僕のものにしたいんだもん。ダメ?」「ダメじゃ・・ないけど・・どうしてお尻になんて・・・」御手洗佑樹の『いかにして母は女を解放したか』の「最終話」は、前話で息子が要望した「母子肛姦」から始まります。「僕・・お尻以外は全部 他の人としちゃったから、お尻の初...

    母じゃない・・女としての本能にまみれた性が解き放たれる!!(その8)

    御手洗佑樹の『いかにして母は女を解放したか』の「第14話」は、前話で「禁断の関係」となった母子がその後もひたすらにセックスしています。フェラチオをしていた春香が息子の射精を吸い上げると、今度はお互いの性器をしゃぶり合う。クリトリスを吸い立てられた春香が甘い喘ぎ声を上げながら裸身を震わせた。「あああぁん!! む・・剥いて吸っちゃ・・ダ・・メっ!! し・・静也っ!! あっ、あっ、っく――――!!」「母さん...

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索