FC2ブログ

    Latest Entries

    底無しの禁断愛(その6)

    Clone人間の『母子沼』(5話)では母と叔母が同じベッドに拘束され、母親の方は目隠しを(おそらく耳栓も)されています。
    母子沼(第5話)
    「博之くん・・も・もう私たちの拘束具を解いて・・っ、ちょ・・聞いてるの・・っ」
    全裸で懇願する叔母に笑いかける少年。
    「淫乱牝姉妹のSMショーの動画を配信するね。きっと人気でるよ、叔母さんたち」
    「ば・・ばかな!?」

    彼は叔母の目の前で母の柔肌に蝋燭を垂らし淫らな悲鳴を上げさせます。
    瞳はそんな姉の身代わりになろうとしますが、蝋燭責めをされるとその強烈な刺激に身悶え、さらに博之から悦子と叔父(瞳の夫)との浮気シーンをノートPCの動画で見せられると、姉に対する「家族愛」が一気に「憎悪」へと変わり、目隠しと耳栓を外した悦子に蝋燭だけでなく鞭までも浴びせるのでした。

    「としやのチ○ポはたまらなかった?」
    「・・・!? ひ・・ひとみ・・・!?」
    拘束を解かれた瞳は姉の淫猥な肉体に熱蝋の雨を降らせ、鞭の雷を落とす。
    「としやのチ○ポはどうだったのか聞いてるのよっ」
    「何を言って・・・ああう、はおおおん」
    「私に言うことあるでしょう、ほらっ、ほらっ」
    「し・・知らない・・っ、ああああああああっ、何を言って・・ひいぃ止めて・・っ」

    結局、悦子が「つ・・妻では・・満足できないって・・・何度も・・義姉(わたし)を求めてきたわ」と妹の旦那との浮気を白状すると、「憧れ」の裏にずっと隠していた優秀な姉に対する「コンプレックス」が爆発し、彼女は姉の口を便器代わりにして放尿します。
    そして、瞳が姉の上に跨ったまま博之に突かれて見せつけるように喘ぎまくっていると、今度は息子のチンポを盗られた悦子が妹に対して(この女・・キライ)と憎しみの感情を持つようになり、最後は姉妹揃って股を広げて競うように博之との交尾を甘い声で求めるようになるのです。


    『母子沼』(最終話)では、動画配信を続けながら少年が母親と叔母にスカトロ調教をして全ての「理性」を吹っ飛ばします。
    母子沼(最終話)
    妹と一緒に排便姿をネットに晒した悦子は、愛する息子に膣内射精をされながら狂ったような喘ぎ声を上げて再び大便をひりだす。
    「ああああああああ、はああああ、いやああああ、こ・・こ・・もん開いちゃう・・っ、ほおおおお、こ・・肛門が開いちゃうのおおおお、んふうううう・・おま○こアクメと肛門排泄同時アクメなんて・・意識・・飛んじゃうううう、あおおおおん、あおおおおほほん、気持ちいいぃ」
    (その後)
    「お願いよ、ママ達のアナルが疼いちゃうのよぉ」
    「ひろゆき君ので早く・・アナル塞いでえ」
    悦子と瞳は精液が垂れ落ちる尻穴をヒクつかせながら息子であり甥である少年のペニスを愛しげに舐める。
    「ママ達の肛門躾けて」
    (博之さんは若さにものを言わせ明け方まで私たち姉妹の)
    「あああ、また・・また・・ひぐううう」
    (穴のひだのひとつひとつまで丁寧にオスの生殖液で満たし)
    「あ・・アナルが拡がっちゃう・・・だめひぐううう」
    (その一切を一夜で支配したのでした)

    そして、完堕ちした母はいつでもどこでも息子の肉棒を肛門に受け入れる「アナル性奴隷」になりますが、例の動画配信のオフ会ですでに妊娠している妹と共に見知らぬ男たち(中には物語序盤に登場した高屋もいます)に犯されまくり、ラストはその男たちの前で博之が「母子相姦」を見せつけます。

    「ああぁ、はああ、あああぁ、あぁ・いい、イクうぅ、博之さんのおち○ぽでイッくううぅ」
    久しぶりに秘裂に挿入された息子の肉棒の感触に、悦子はムチムチな裸身を激しくくねらせながら愉悦の声を響かせる。
    「気持ち良すぎておかしくなるうう、あああっ、くううっ、あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
    (あああ、なんて居心地のいいところなのかしら・・・)
    (このまま溺れ狂っていたい・・・)
    「!」
    彼女は子宮の中で息子の精子が卵子の中に入っていくのを感じた。
    「ママ・・今、僕にもわかったよ」
    「・・・はい、今・・博之さんを感じました・・っ」
    「間違いないね・・・ママ」
    「あぁ・・嬉しい・・うれしい・・・」
    射精され続けながら彼女は愛する主人である息子と口づけを交わした。
    「今・・宿されましたわ・・・オマ○コの奥が・・・そう告げてきましたの」
    「おめでとうございます」
    「この度はおめでとうございます」
    「本日はおめでとうございます」
    「母子相姦」を見守ってきた男たちが祝福のスペルマを悦子のカラダに浴びせかける。
    「ありがとう・・・ああ嬉しい」
    「ママ・・いや悦子・・・っ、凄く・・綺麗だ」
    「あなた・・・」
    熟母は笑みを浮かべながら息子に両手を差し伸べた。

    (永遠の蜜沼を漆黒の彼方へ)
    (二人で堕ちていくだけ・・・)


    『第4話』で(ああ・・感じる・・間違いない・・・今・・受胎してる・・あ・・ああ・・っ)と思ったのは、お母さんの勘違いだったんですねぇ。
    個人的には中盤(『第3話』から『第4話』まで)がこの物語のピークだと考えていますが、この終盤も熟女のエロシーンがたっぷりで楽しめます。
    叔母の役割がちょっと中途半端だったり、オフ会でどうでもいい男たちが登場したりするのが蛇足になっている感じがしましたけど、最終的には母子ラブラブなのでハッピーエンドと言えるでしょう。
    まあ、「母子相姦漫画」としての評価は、読者がこの淫乱ママにどこまで魅力を感じるかどうかでしょうね。


    底無しの禁断愛(その5)

    「実の息子だよ。いいんだね、ママ」
    ペニスを勃たせた息子がベッドの上で拘束された母に笑いかける。
    「僕のおち○ちんが欲しいんだね」
    「は・・はい・・下さい」
    「姉さん、だめ・・っ、博之君・・もうやめて、取り返しつかなくなる・・っ、聞いてるの・・っ」
    甥とのセックスの強烈な余韻から醒めた瞳が身動きできないまま叫ぶが、博之は侮蔑の表情を浮かべただけだった。
    母子沼(第4話)
    Clone人間の『母子沼』(4話)では、このブログ読者待望の「母子相姦」が描かれています。

    (ひろゆき・・・)
    (ママを・・・)
    (そんな目で見てはダメ・・・)
    豊満な乳房を剥き出しにされた悦子は息子の邪悪な視線から逃れようと女体をくねらせるが、その仕草は艶めかしい色香となって余計に少年を興奮させた。

    博之が母親の下着を脱がせながらムチムチに熟した肉体を愛撫する描写が秀逸です。
    この独特な描写力は他の「熟女漫画家」と比べてもトップクラスだと思います。

    息子の舌で念入りに秘肉を嬲られながら悦子は必死に「禁断の快感」に飲み込まれないように自制する。
    (感じてはだめ・・だめよ)
    (やりすごすの・・・)
    (今夜だけ・・やりすごせば・・・)
    「ママの甘い蜜溢れてくるぅ」
    (できるわ・・大丈夫・・・)
    「お願い・・過ちをもうこれ以上・・侵さないで・・・博之」
    母の悲痛な声はもう息子には届かない。
    「ゆっくり挿入れるねママ」
    「・・・・・」

    観念しながらもなんとか説得して「近親相姦」を止めさせようとした熟母でしたが、息子のモノを挿入されるとそれだけで獣のような喘ぎ声を上げてイってしまうのでした。

    息子に激しく突かれながら妹が隣のベッドにいるというのにあられもないよがり声を上げ続ける悦子。
    (息子の逞しいものが・・もし母親の私の中で・・・)
    (放たれたら・・・私・・・私・・)
    彼女の下腹部が「禁断の受精」を求めて切なげに疼く。
    (ほ・・・欲しいわあ)
    「ああ、だめよ・・っ、それだけはだめぇ・・っ」
    「いいよね、ママ。息子に孕まされたいんだよね。瞳さんの前で生殖行為しちゃうんだよね」
    「ああ博之、ママ・・どう見える・・・気が狂いそうなの・・ママ・・っ」
    「とってもきれいだ。ママは最高だよ」
    その言葉に母の最後の理性の糸がプツンと切れる。
    「ああ・・いい・・っ、いいわぁ、博之っ、ママ欲しいわぁ。ママの中にドバドバ射精ほしいいぃ・・っ」
    悦子は自ら腰を上げて息子の肉棒を蜜壺の奥へと導こうとする。
    「折れた・・っ、へし折った母性愛・・・」

    母が「禁断の欲望」を受け入れた時に息子が「母性愛をへし折った」と表現しているのが面白いですね。
    「母性愛(家族愛)」は「近親相姦への欲望(近親愛(家族愛+恋愛)+性欲)」と「禁忌への意識(家族愛+常識)」の両方に影響すると考えられますけど、結局性的な快楽が「禁忌への意識」を吹き飛ばしたということでしょう。

    「姉さん・・っ」
    「ゆ・・許して・・瞳・・もうガマンできないのっ、ああっ、おま○こが好き・・っ」
    「だめ・・姉さ・・っ、こっちを見てっ、いけないの・・っ」
    「博之のが・・欲しいのぉ・・っ、ああン、いい・・っ」
    (狂ってる・・・この母子)
    叔母が呆然と見つめる中、博之は母の膣内に大量の精液を注ぎ込んだ。
    「ああン・・っ、あおんんん・・・」
    「ママだ・・あの日のママ・・僕がずっと会いたかったママ」
    少年はあれだけの射精をしてもまだ勃起しているペニスを母の口元に寄せる。
    「やっと逢えた・・・」
    (ひろゆき・・・)
    悦子は息子の魔羅を愛しげに舐めると、亀頭を咥えこんだ。
    (ああ・・感じる・・間違いない・・・今・・受胎してる・・あ・・ああ・・っ)
    (・・孕みながらその熱い息子の精液をむさぼり飲むなんて・・・)
    (こんな日がくるなんて・・・)

    『第3話』の叔母さんに続いてお母さんも挿入したらあっさりと堕ちましたね。
    まあ、もともとM属性がある淫乱ママなので「背徳感」も「快感」になっていったんでしょう。

    博之が母と叔母を同時に完全調教していく『第5話』は次回。


    底無しの禁断愛(その4)

    今回はClone人間の『母子沼』(3話)の後半部分の紹介です。

    (この子は・・・知ってる)
    (私が瞳に危害を加えさせないことを)
    (この子は初めから母親である私を狙ってる)
    (なんて子を産んだの・・・)

    (私がケリをつけなければならない)

    「い・・いいわ・・こっちへ・・き・・来なさ・・・い」
    「欲しいって言うんだ」
    息子が邪悪な笑みを浮かべながら母に告げる。
    「息子のおチ○チンが欲しいって、瞳さんの前で言うんだ・・っ」
    「!」
    「こちらへ その太腿を限界まで広げて、実の息子へ求愛するんだ・・っ」
    瞳が狂った甥を睨む。
    「あなた本当にあの博之くんなの・・!? バカな・・こんな子の言うこと相手にしちゃだめよ・・姉さ・・」
    「博之の・・・む・・息子の・・・御ち○ぽが欲しいです」
    妹の言葉を遮るように悦子は淫らな誘いの言葉を口にした。
    母子沼(第3話後半)
    憧れてきた美しい姉が大股を開きながら実の息子に性交を求めている。
    「・・姉さん・・何を言ってるの・・・っ」
    (そんな目で見ないで瞳・・・この子には逆らえないの・・・)
    「ママに・・おチ○チンくださ・・」
    「ああああああ」

    母の言葉が終わらないうちに叔母の強姦を開始する博之。
    最初は必死に拒絶していた瞳ですけど少年の一物はかなりのモノだったらしく、激しく突きまくられると甘い喘ぎ声を上げながら25歳の成熟したカラダを弓なりに跳ねさせて絶頂を迎えるのでした。

    それでも博之は叔母を犯し続ける。
    「博之く・・もう・・そんなしちゃらめらよぉ、ああ強いぃ・・っ、これ以上恥かかせちゃらめえらおぉ、男性のモノでイカされたの私・・初めて・・ああン・・・」
    「超かわいー瞳さん」
    「若いって・・凄い・・・と・・とどいちゃうぅ」
    「やめなさい・・博之、これ以上は許さないわ」
    「見ててママ、瞳さん孕ますから。うう・・気持ちいい」
    「博之・・お願いよ・・・」
    「ああイイ・・っ、あはぁ、ああン」
    「それじゃどうするのさ、もう射ちゃいそうだ・・うおお」
    (ああ・・この子は漆黒の沼に私を引き入れる気なのね)
    「ママの中へ・・・ママに射しなさい・・・ママなら・・孕ませてもいいわ・・・」
    (ママ・・・・!)

    「息子とセックスをしてはいけない」という「理性」をまだ残しながらも仕方なく息子を交尾に誘うムチムチボディの熟母が非常にエロティックです。
    母の言葉を聞いた博之はさらに腰のピストンを速め、瞳は再び姉の目の前でアクメに達します。
    「ああううう・・っ」
    「射精しそうだ・・っ」
    「ひぐぅ、ひぐぅ」
    「お願い・・妹だけは・・っ」
    「あ゛あ゛」
    「くぅうおおおおお・・っ」
    「ん・・あン、あ゛あ゛あ゛あ゛はぁ」
    女陰から抜き取られた甥の肉棒を愛しげに見つめる瞳。
    (イカされた・・この赤黒い塊に、お・・犯されて。俊也さんのモノとは別物・・別次元の衝動。ひ・・博之くん・・おち○ち・・凄い・・・)
    叔母を堕とした少年がベッドに両腕を縛りつけられた母親を見下ろす。
    「少し・・射たかもしれない」
    「・・・・・」
    「ママが焦らすからだよ」

    マザコンの暗黒面に堕ちた博之くんのエロパワーは凄いですね。
    人妻でもある叔母さんを一撃でメロメロにしてしまいました。
    瞳に「おばさんとイイことしちゃおっか」とからかわれて顔を赤くしていた物語序盤の彼とは別人のようです。
    さすが淫乱ママの息子という感じでしょうか。

    この母子がついに一線を越える『第4話』は次回。

    底無しの禁断愛(その3)

    「瞳~ 私のビールも残しておいてよ~ ひとみ~?」
    風呂場から出た悦子が脱衣所で髪をとかしながら声をかけるが返事はない。
    居間に行くとテレビはつけっ放しなのに誰もいない。
    寝室のドアが少し開いていることに気づいた彼女が暗い部屋の中を覗き込むと、そこにはベッドの上で拘束された妹がいた。
    母子沼(第3話)
    Clone人間の『母子沼』(3話)では、暴走状態の少年が叔母に続いて母も身動きできないように隣のベッドに縛り上げ、ついに「近親凌辱」を開始します。

    「博之・・・っ、あなた・・何を考えてるの・・っ、こんなもの外しなさい・・っ」
    「お風呂上がりのいい匂いがする。凄く艶めかしいね・・ママ」
    「ひろ・・ゆき・・!?」
    母の言葉を無視して彼はベッドの上の叔母の肢体に触れる。
    「博之・・何の冗談、ママ怒るわよ・・っ、外しなさい。博之っ、聞いてるの・・っ、瞳に変なことしないで」
    「貴女に指図される覚えはないよ、変態雌ブタ女」
    「・・・・・博之・・?」
    バスタオルを捲って叔母の秘裂を露わにする少年。
    「これから大好きな瞳さん犯すから、そこで見てて」

    息子の言葉から母親に対する愛憎の想いが感じられます。
    18歳になっても母親を当たり前のように「ママ」と呼ぶマザコン少年にとっては、愛する母に裏切られた「憎しみ」こそが「禁断の扉」を開く最後の鍵になったのでしょう。
    「愛情」や「欲望」だけではおそらく母を悲しませるような行為はしなかったと思います。
    そういう意味では悦子の「ビッチ設定」も必要だったのだと言えますね。

    博之はノートPCに転送した「ハメ撮り動画」を母に見せた。
    「忘れられないんだ。8年前のあの日のママのあの表情が・・・」
    「・・・・!」
    剥き出しのペニスを勃起させながら悦子に近づく息子。
    「わかったんだ。ママの本当の姿を見て、あの日の表情の意味が。息子が帰宅するかもしれないスリリングなシチュエーションで若い男との情事に酔いしれた女の顔してた」
    「違うの・・聞いて博之」
    「いいんだよ、ママ。許してあげる・・ただこれからは僕だけにあの表情は見せてほしい」
    (8年前・・・高屋君とのこと!?)
    (この子・・あのときのこと・・まだ覚えて・・・)
    「聞いたよ、中出しされるのが好きなんだって? 赤ちゃんほしかったんだね」
    「え?」
    「いいよ 僕が、孕ませてあげる」
    (何て言ったの・・・今・・!?)
    息子の亀頭が母の美しい顔に擦りつけられる。
    「ば・・バカをい・・いわ・・言わないで・・・」
    (この子・・母親を・・ハラマセ・・!?)
    「拒むの?」
    「あ・・当たり前でしょ、あなた頭おかしいんじゃないっ、お・・親子よ、私たち・・・っ」
    悦子が「母子相姦」を拒絶しようとすると、博之は叔母の瞳を犯して孕ませようとする。
    「瞳は関係ないわ。はなれなさいっ、やめ・・っ」
    「瞳さんの旦那さん、ママのこと好きだよね」
    「・・・・え」
    「凄いよね、妹の旦那まで虜にしちゃう。信頼している姉が最愛の夫と関係しているなんて・・・酷いよね、瞳さん」
    ボールギャグを咥えさせられて裸身をくねらせる叔母に話しかける博之。
    「ちょ・・ばか・・っ」
    「親族にばれたらどうすんのさ」
    (俊也さんとの行為まで知られてる・・・!?)
    「瞳違うのよ。あれは俊也さんから誘ってきて・・っ」
    「あはははは、本当だったんだ。カマかけただけなのに。PCに痕跡あったけど信じがたくて・・・」
    「・・・・・っ」
    「二人、昔から雰囲気よかったもんね。大丈夫、瞳さんは耳栓をしてるから聞こえてない」
    「そ・・人をバカにして」
    「バカにしてるのは貴女でしょう・・・・・よっ」
    ノートPCを閉じた博之は口枷が外れた叔母の耳栓を口に咥えて外した。
    「どうする? 挿入れちゃうよ。瞳さんと関係もっちゃうよ」
    「姉さんっ、どうなってるの、博之くんがいきなり・・っ、た・・助けて・・っ」
    「・・・・・」

    このお母さんは妹の夫とも不倫をしていたんですねえ。
    果てしないビッチっぷり。
    彼女は妹を息子の魔の手から守りたいという以上に、その「秘密」を妹に知られたくないという「弱み」を握られてしまいます。

    (博之はすべてを知っている)
    (・・姉として・・女として・・母として、崩壊のトリガーを息子に握られている)
    (瞳に私の醜態を晒すわけにはいかない)
    (この娘は昔から私を慕って憧れて・・・・すべてが終わるわ)

    (でも・・実の息子を受け入れることは・・許されない)

    (ああ・・どうしたらいいの)
    「やめて、博之くん・・・興奮しないで、姉さんどうにかして。ああ、いやしないで・・・お願い」
    妹の裸身に息子が覆いかぶさっている。
    (瞳を博之が孕ますなんて・・取り返しがつかない・・絶対に)

    (そ・・それならいっそ・・・息子と・・・・)

    拘束はしていますが「強姦」ではない方法で母親を「近親相姦」へと追い込んでいく息子。
    『第3話』の後半は次回。

    底無しの禁断愛(その2)

    Clone人間の『母子沼』(2話)は、旦那が携帯に若い女の写メを隠していたことに怒った叔母の瞳が母子の家に泊まりに来たところから始まります。
    母子沼(第2話)
    母が「またぁ? 今度はなに?」と言っているようにこれは珍しいことではないようで、叔母も笑顔で「というわけで、2・3週間ほどお世話になります」と答えています。
    そんな美熟女ふたりとの夕食の間も少年は高屋から聞いた「淫乱ママ」の話で頭の中が一杯でした。
    (何か証拠があるはずだ)
    そう思った博之は母のスマホを自室に持って行ってPCでスマホ内の画像データ―を見ようとしますが、その最中に部屋に入ってきた叔母に「大好きなお母さん守ってあげてね。貴方しかいないんだもの」と言われ、叔母が出て行った後に母を疑った自分を深く恥じます。
    しかし、彼の目の前にあるPCの画面にはスマホから転送された母の痴態が映っていたのでした。

    何人もの男たちとセックスしまくっている母のハメ撮り動画。
    彼女は息子の勉強机の上でも男に激しく突かれて淫らな愉悦の声を上げていた。
    『いや撮らないでっ、なんでもしますから、息子の机でこんな・・ひどいわ・・っ、ああ、はああン、あうう・・っ』
    (ココで、ママが・・っ)
    (ここに・・まさにココに・・・)
    (ママの・・おま○こが・・っ)
    (目の前にあったんだ・・っ)
    『ひ・・博之・・はあはあ、ママを・・ママを許して・・博之・・はあ』
    男たちに促されて淫母がカメラに向けて大きく股を開いたまま、この映像を見るはずがない息子に謝罪する。
    『貴方のお勉強部屋でおま○こされて・・・はあはあ、ガマンしきれずアクメを晒す淫乱スケベな・・ママを・・許してください・・・』
    「性の快楽」に溺れる「理性」の欠片もない母の姿を目の当たりにした息子の「家族愛」がどす黒く変容していく。
    『ぐひいいいいいいいいいいっ、いっくうううううっ、あああああああああ・・っ』
    さらに犯されまくり、狂ったように叫びながら絶頂を迎えた母。
    『あ・・ああ・・あ、ああ・・ああ、ああ・・いい・・はああ』
    そのアヘ顔が映った液晶画面に大量の精液をぶっかける息子。
    博之は母の寝室でバイブ類を見つけ、暗闇の中でエロ下着の匂いを嗅ぎながらまた射精した。
    「ママの・・ニオイ、ママのニオイ染み付いてる、ああヤリたい・・僕もママを犯したい、生の感触・・匂い、声・・全部欲しい・・っ、畜生・・僕のママなのに、僕のママ・・僕だけのママ・・っ、ぅぅぅぅぅおおおおおおおっ」
    母のノートPCを起動して何かを発見した少年は、母と入れ替わりで風呂から出てきた叔母の前に現れる。
    「え・・博之・・・くん!?」
    バスタオルを巻いただけの格好の瞳が振り向くと、可愛がってきた甥っ子が剥き出しにしたペニスに女物のパンティをぶら下げた姿で立っていた。

    エロは昔の母のビッチシーンばかりでずっと「近親相姦」はお預け状態でしたが、ついに少年の「禁断の欲望」が暴走したところで2話は終わります。
    今後間違いなく甥に犯されまくるであろう叔母の内面が魅力的に描かれているのは良いですね。
    (一方、お母さんの株はダダ下がりですが・・・)

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索