fc2ブログ

Latest Entries

【簡単レビュー】オンラインゲームで結婚した相手は母親でした

【作者名・作品名】
サークル アキカンの『オンラインゲームで結婚した相手は母親でした』
オンラインゲームで結婚した相手は母親でした

【収録媒体】
CG集

【概要】
(俺の名はユウジ)
(学校にも仕事場にも馴染むことができず、気がついたら3年ほど部屋に引きこもり、アニメやゲーム三昧の毎日を送っている)
お節介な母親も引きこもりの息子に見切りをつけたのか、最近はろくに話もしない。
現実世界と彼との繋がりはいつ切れてもおかしくないほど細く脆くなっていた。
しかし、そんな彼にも繋がれる「世界」がある。
(「シンクロリアルMMO」)
(現実の感覚とゲームの世界の体験がリンクしたゲームで)
(VR機器などを使用して脳波に刺激を与えることでゲーム内での体験を五感でリアルに感じることができる人気のゲームジャンルだ)
そこで体験できるのは「冒険」や「戦闘」だけではない。
童貞の彼は電脳世界で熟女スズと出会い、初心者プレイヤーである彼女にゲームを教える中で恋をして結婚を申し込み、結婚プレイヤー限定サービスである「プライベートカスタムモード」を使ってバーチャルセックスまでするようになる。
求めていた「繋がり」は電脳世界にあった。
彼は、そう思った。
スズの正体が実母であることに気づくまでは。

【感想】
いろいろな設定で「母子相姦モノ」を描いているサークルの作品です。
バーチャルネットゲームで出会っていたキャラが実は家族だったという展開は、アニメにもなった小説『ソードアート・オンライン』に登場する妹キャラを思い出しますね。
ちなみに彼女は主人公から「スグ」と呼ばれていました。
スズの正体がバレてからは現実世界での「母子相姦」となり、ゲームキャラのコスプレをしたりはしますが、オンラインゲーム自体はしなくなってしまうのがちょっと残念。

【評価】(100点満点)
画力 :78点
物語 :79点
エロ :79点
キャラ:76点
背徳感:75点
近親愛:79点

【簡単レビュー】母さんが子離れしてくれなくて困る2

【作者名・作品名】
西川康の『母さんが子離れしてくれなくて困る2』
母さんが子離れしてくれなくて困る2

【収録媒体】
雑誌『COMICペンギンクラブ 2022年7月号』、電子書籍

【概要】
(母さんの身体を張った説得により一人暮らしを断念)
(実家に戻ってから二ヵ月)
(俺は毎日母さんを抱いていた)
そんな「禁忌の関係」は、単身赴任中の父が一時的に帰宅して母と「夫婦の営み」をするようになっても続いた。
浴室やトイレでセックスをしていても父は気づかない。
(このハメ撮り画像や動画を父さんに送れば――)
(母さんは間違いなく俺だけのモノに・・)

【感想】
少し前に紹介した『母さんが子離れしてくれなくて困る』の続編ですね。
一人暮らしをやめて実家に戻った息子が母親とセックスしまくるだけの内容ですけど、単身赴任中だった父が戻ってきたことによって「背徳感」が増し、息子の「独占欲」が描かれたのは良かったと思います。

【評価】(100点満点)
画力 :85点
物語 :78点
エロ :79点
キャラ:78点
背徳感:79点
近親愛:80点

【簡単レビュー】秋桜が咲いた日に(第3話)

【作者名・作品名】
荒井啓の『秋桜が咲いた日に』(第3話)
秋桜が咲いた日に(第3話)

【収録媒体】
雑誌『コミックホットミルク 2022年7月号』、電子書籍

【概要】
(あの日、俺は妹のまつりとそういう関係になって)
(あの時、まつりを守りたいと思った気持ちに嘘はなかった)
(でも、実際はあれから俺は家を出てしまった・・・何かに怯えるように逃げるように)
それでも妹は会いに来る。
「禁忌の交わり」を求めてくる。
そんな妹をまた犯しながら、兄は職場の女性とも肉体関係を持ってしまう。

【感想】
楽しみにしていた『秋桜が咲いた日に』(第2話)の続編ですね。
ひたすらに「近親愛」を信じて突き進む妹に対して、「禁忌」から逃げようとする臆病で理性的な兄という構図は「兄妹相姦モノ」の定番とも言えると思いますが、「他の女」とのセックスシーンはつまらなかったです。
また波乱を予感させるラストでしたので、今後の展開次第で物語の評価も変わってきそうですね。

【評価】(100点満点)
画力 :82点
物語 :78点
エロ :79点
キャラ:80点
背徳感:88点
近親愛:83点

【簡単レビュー】母さんが子離れしてくれなくて困る

【作者名・作品名】
西川康の『母さんが子離れしてくれなくて困る』
母さんが子離れしてくれなくて困る

【収録媒体】
電子書籍

【概要】
(築30年六畳一間のオンボロアパート)
(念願の一人暮らし、バイト漬け、苦学生生活の始まりだ)
「ショウちゃん、お洗濯モノあったら出して」
(なぜか母さんがいるけれども)
一大決心をして実家を出たのに当たり前のように家事をしに来た母。
(俺は母さんが好きだ)
(毎日、妄想が止まらない)
(実の母親をいやらしい目でしか見ていないのだ)
そんな「禁断の欲望」は隠しきれない。
「母子相姦モノ」のエロ本が見つかったこともあるし、スマホで「母子相姦モノ」の動画を見ながらオナニーしているところを目撃されたこともある。
(間違いが起きる前に母さんから離れたかった)
(母さんだって、俺の気持ちはとっくに気付いているハズだから)
でも。
母が「ソレ」を受け入れてくれるなら?

【感想】
子離れできない母親と親離れできない息子が「近親相姦」をするという物語ですね。
特に深みを感じる内容ではありませんけど、お母さんがエロ美しいので満足です。

【評価】(100点満点)
画力 :85点
物語 :75点
エロ :80点
キャラ:77点
背徳感:76点
近親愛:79点

【簡単レビュー】あたりまえせっくす~姉と弟の日常~

【作者名・作品名】
サークルもちち丸の『あたりまえせっくす~姉と弟の日常~』
あたりまえせっくす~姉と弟の日常~

【収録媒体】
CG漫画

【概要】
家のトイレでお互いの性器をまさぐる姉弟。
(いつからだろう・・・)
(姉ちゃんとこういう関係になったのは・・・)
幼い頃から弟を溺愛していた姉は、人目をはばかることなくキスをして母に注意されていた。
(正直嫌な感じはしなかった)
(俺も姉ちゃんのことは好きだったし)
(構ってくれる感じが単純に嬉しかった)
母親の目を盗んでキスをするのが楽しい「遊び」になり、その「遊び」はさらにエスカレートしていき、お風呂でおし〇こを見せ合ったり、一緒のベッドで寝ながら未成熟なおっぱいを舐めたりもした。
それは成長した弟が実の姉に対して勃起するようになっても続き、恋人同士のように全裸で抱き合った。
(こんなことを日常的にやってる俺達だけど)
(まだセックスをしたことがない・・・)
(なんとなくそこまでするのは怖かったし)
(触り合っこで十分気持ちよかったから)
そう思っていた。
「好き」の正体に気づくまでは。

【感想】
幼い頃から仲が良かった姉弟が「近親愛」で結ばれるまでの物語ですね。
お姉ちゃんが「彼氏」を作ろうとすることが契機になるという王道の展開ではありますけど、姉と弟の気持ちの揺れ動きが丁寧に描かれているので読みごたえがありました。

【評価】(100点満点)
画力 :79点
物語 :79点
エロ :78点
キャラ:88点
背徳感:80点
近親愛:85点

Appendix

ブログ内検索

プロフィール

大橋零人

Author:大橋零人
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア