FC2ブログ

    Latest Entries

    姉さんの無抵抗幸福

    優しくて面倒見が良くて子供好きだが、あまり表情が顔に出ず何を考えているのか分からないことがある姉の美咲。
    (そんな姉さんのことをおれは一人の女性として意識していた。オナニーのネタはいつも姉さんだ)
    (今もチラチラと視姦しながら姉さんの裸体を脳内で思い描き、軽く勃起してしまっている)

    サークルちゃーむばいと!のCGノベル『無抵抗な姉さん  好きにしていいよ…』に登場する弟は、一緒に暮らしている実姉に対して「近親愛」を抱いていました。
    無抵抗な姉さん 好きにしていいよ…
    そんな彼が夕飯後も姉の顔が見たくなって寝室を訪れると、姉のパジャマは胸元が大きくはだけており、乳首こそギリギリ隠れているが乳輪の色まで確認できる無防備すぎる状態に「禁断の欲望」が爆発してしまいます。

    それでも彼女は無表情のまま裸身を弟に愛撫され、姉の反応が見たいと思って動きを止めた彼に「・・もう、気は済んだの?」と初めて声をかけた。
    「ね、姉さん、怒ってないの? こんなにヒドイことされて、おれのこと、嫌いになったでしょ?」
    「お姉ちゃんは大丈夫・・ユウくんのしたいようにしていいからね」
    弟に左の乳房を鷲掴みされながら、そう告げる姉。
    「姉さん、何をされているか、本当にわかってるの? おれ、姉さんとセックスしようとしているんだよ?」
    「・・うん分かってるよ」
    「・・・姉さん、ほかの男とこういう事したこと・・あるの?」
    「ないよ。ユウくん以外の人にこんなこと、させた事ないよ」
    「は、はじめての相手がおれなんかでいいの?」
    「うん、お姉ちゃんもユウくんとその・・・・・してみたいな」
    「好きだ! 好きだ、姉さんっ!」
    そう叫びながら彼が抱きしめると姉のカラダが腕の中で大きく跳ねた。
    「・・・おれ、姉さんのことを一人の女性として好きなんだ」
    その言葉に姉の裸身がまたビクンと波打つ。
    (どうやら「好き」という言葉に反応しているようだ。嬉しいのだろうか?)
    (その姉さんの反応に胸が熱くなった)
    「姉さん・・姉さんが愛おしくてたまらない」
    「・・・・」
    (おれは恐る恐る、姉さんの唇に接近していく)
    静かに重なり合う姉と弟の唇。
    (お互いの唇が優しく触れ合うだけのキス。それだけで射精できそうなほど興奮した)
    「ユウくんと・・キスしちゃった」
    (姉さんはキスの余韻に浸りながら嬉しそうに言った)

    このお姉さんは弟と同じくらいのレベルの「近親愛」を抱いていたんですね。
    当然のごとく姉弟は「近親相姦」をしますが、膣出しするかのどうかの段階で彼は「禁忌への意識」に悩みます。

    「・・・どうしたの?」
    腰の動きが止まった弟を彼女が見つめる。
    「膣内に出したいの? 赤ちゃんできちゃうよ・・?」
    (その姉さんの言葉から拒絶の意志は感じられなかった)
    (中出しの前におれがどこまで本気なのか確かめたい・・・そんな雰囲気だった)
    (姉さんに逃げる素振りはない。それどころか、膣内射精をむしろ期待しているかのようだ)
    (おれが怖気づいて逃げるのを阻止するかのように足を絡め、優しいまなざしでじっとこちらを見つめている)
    (・・・おれは改めて姉さんに自分の気持ちを伝えた)
    「姉さん、聞いて。おれ、姉さんのこと本気なんだ。本気で一生姉さんの側にいたい思ってるんだ」
    「そう・・・―――いいよ、ユウくんがお姉ちゃんのこと、ずっとずっと・・大事にしてくれるなら」

    こうして彼らは「恋人姉弟」としてその後も「膣出し相姦」を続けていき、お姉さんが妊娠してのハッピーエンド。
    彼女の無表情はもともと実弟に対する「近親愛」を悟られないためのものであったので、愛する弟の子を孕んだ姉の表情は徐々に豊かになっていきました。


    自分からは攻めないけど弟の「禁忌の欲望」に対しては完全無抵抗なお姉さんが可愛かったです。(乳輪見せで誘っているかのような「年上の女」としてのしたたかさも良いです)
    ただ、まだ二人とも若そうなのに両親の存在が全く語られないのがちょっと気になりました。
    まあ、それは「ご想像にお任せします」としても、姉と弟の髪の色が全然違うのが個人的には残念でした。
    このお姉さんがあまり髪を染めそうなタイプには見えなかったですしね。
    作者的には「金髪のお姉さん」は出したいけど「金髪の弟」はちょっと変だなという感じだったのでしょうか。
    「血縁関係」が大事な間柄では髪の色は同じ方が分かりやすいです。
    まあ、母親が金髪で父親が黒髪という設定とかなら問題ないので、両親の写真を出して「数年前に事故で亡くなった」とか「父親の転勤で海外に行っている」などの簡単な説明があると、物語にもう少しリアリティが生まれたと思います。
    基本的に「近親モノ」に関しては「他者」の介入を極力減らして「二人の世界」をしっかり描くべきだと考えていますが、本来存在すべき「他者の存在(この場合は両親)」を完全無視してしまうと、読者が「背徳感」や「現実感」を覚えるのが難しくなるような気がしました。
    姉弟の心情などをかなり丁寧に描いているだけに、この作者にはより高いレベルの「近親モノ」を期待してしまいます。

    妹の「絶望」を塗り潰す兄の「欲望」

    (今でも夢に見る)
    (消したくても消えない記憶)
    (それはとても鮮明で)
    (あの時の雨の音や)
    (湿った地面の匂い)
    (生温かくて荒い息遣い)
    (滴る熱い精液)
    (喪失感と不快な高揚感)
    (私の傷に染み込んで)
    (決して離れはしない)

    PIえろの『My Sister』(雑誌『ANGEL倶楽部 2014年4月号』に掲載)に登場する妹は見知らぬ男にレイプされてしまいました。
    My Sister
    あれから一年後、未だに心の傷が癒えない彼女は学校を休学しており、実家から離れた兄の住むアパートで暮らしながら通院していた。
    明るい笑顔を見せるまでに回復した今でも外出すると付き添いの兄の腕にしがみついて身体を震わせてしまう少女。
    (こんなに目の前で苦しんでいるのに、俺は内心こんな日々が・・・)
    夕飯を食べてコタツに入ったまま寝てしまった妹を見下ろしながら兄が呟く。
    「ずっと・・・このままでも」

    悲劇から始まった妹との二人暮らしですが、兄はこの同棲生活に幸せを感じているようですね。
    お風呂が沸くと彼は妹を起こそうと足で背中を押しますが、眠っている少女が急に寝返りを打って足先が爆乳に触れてしまいます。

    (ヤバイ)
    「おっ、おい! なぁ?」
    そう言いながらも兄は足で妹の乳房の弾力を確かめ続ける。
    (クソっ、止まれ!)
    (ヤバイ、ヤバイ!)
    「カスミ」
    彼は眠っている妹に声を掛けながら今度は手で胸を揉みしだき始めた。
    (もともと一人暮らししたのだって)
    その手は次第に乱暴になりセーターから妹の生乳房を剥き出しにしようとする。
    (こうなるのを)
    「んっ・・」
    (避けるため)
    片方の巨大な乳房が兄の目の前にブルンと揺れながら現われた。
    「ああっ」
    (クソ最低だ、死にたくなる)
    (でも・・・)
    (止められない)
    「禁忌の欲望」を抑えきれずに彼は妹の乳首を舐めた。
    (好きだカスミ)
    「んっ」
    「・・あっ!」
    いつの間にか開いていた妹の目が自分を見つめていることに気づいた兄が怯えたように身を引く。
    「あっ、あ・・俺っ!」
    「したいの?」
    彼女は自ら兄の手を豊満な乳房に触れさせて問う。
    「なっ・・」
    「いいよ、お兄ちゃんなら」

    兄は妹に対して以前から明確な「近親愛」を抱いていたようですね。
    一方の妹の愛情はまだ「家族愛」のレベルだったかも知れませんが、一年前の「強姦」のショックを「近親相姦」の衝撃で上書きしようとするのです。

    「お兄ちゃん、私を犯して」

    (まるで現実味がない夢精のような感覚)
    パイズリで射精させられた彼は妹の上半身をベッドに押しつけて尻を突き出した格好にした。
    「いいんだな? 今なら逃げられるぞ? 俺はお前のことそういう目でみてたんだから」
    「うん、出来るだけ乱暴にして」
    (そうだ)
    (これは夢か幻)
    「私、嫌がるけど暴れるけど・・たぶん泣いちゃうけど・・・絶対ヤメないで!」
    すでに涙を流しながらそう告げる妹。
    (そういうことになってるんだ)
    「んっ!」
    勃起した兄の肉棒の先が妹の秘裂に触れる。
    「・・んじゃ、そうさせてもらうわ!」

    実際、妹は「近親相姦」の途中で「離して! お願いいぃ!」と泣き叫びながら拒絶しますが、「禁断の欲望」を暴走させた兄が止まるはずもありませんでした。

    「お兄ちゃん、ごめん! もう許して! ごめんなさい!」
    「カスミは俺のもんなんだよ!」
    ベッドの上で狂ったように腰を振りたくりながら兄が叫ぶ。
    「お願いぃ!」
    「俺が犯すべきだったんだよ!」
    「お兄ちゃん、いやだ離してよ!」
    「絶対離さない! 約束だからな!」
    拒絶の手が胸を叩いても彼の動きはますます加速していく。
    「出すぞ! 俺の精液カスミの一番深いところに!」
    「はぁ、はぁっ、はぁっ、出さないで! お願い!」
    そんな少女の叫びも空しく、兄の大量の精液が妹の膣内へと注がれた。
    「あっ・・あ゛あ゛っ!!」
    「ん゛ん゛んっ!!」
    性器を結合させた兄と妹が交尾の快感にカラダを震わす。
    「ああっ」
    「あぐっ・・」
    「ごめんな、カスミ」
    「はぁ・・はぁっ・・ううん、あっ・・あ」
    精液を出し切ったペニスが抜かれていく。
    「ごめんね、お兄ちゃん」
    「気にすんなよ、家族なんだから」
    「うん・・・そうだね」


    妹の立場が特殊なために「近親強姦」とも違う緊張感がありますね。
    これからの兄妹の関係を想像するのも面白いです。


    禁忌は巡る(その4)

    メインPCがずっと不調(時々電源がつかなかったり、突然落ちたり)で最近はブログ更新もサブPCのノートで行なっていたのですが、思い切って電源ユニットの交換をしてみました。
    手先が不器用なのでコネクタの付け外しで基盤を壊さないか心配でしたけど、現在はなんとか動いてくれています。


    さて、本題です。
    東西の「ぼくたちの禁忌シリーズ」のラストは、『ぼくたちの禁忌〈最終話〉』(雑誌『COMIC MILF Vol.19』に収録)。
    ぼくたちの禁忌〈最終話〉
    これまでの流れから考えるとタイトルは『ぼくたちの禁忌〈秋〉』の方がしっくりくるような気もしましたが、まあ大した問題ではないですね。

    (―――ぼくたちは)
    (越えてはならない領域を越えてしまった――)

    次女が結婚して家を出て三女が修学旅行で不在の間に長女と「禁断の関係」になった秋一。
    「ねぇ、おにいちゃん、春ねえと何かあった・・・でしょ?」
    旅行から帰ってきた冬菜が兄に囁く。
    「・・・!」
    「おにいちゃんてば、すぐ顔に出るよねぇ」

    またもや兄の弱みを握った少女は姉が買い物に行っている間に兄と一緒に風呂に入り、当然のようにセックスをして膣内に精液を注がれるのでした。
    前回の『ぼくたちの禁忌〈春〉』では前半が次女との「ウェディングドレス相姦」で後半は長女への「近親強姦」でしたが、今回の構成も前半は三女との「浴室相姦」で後半は風邪で学校を休んだ彼が看病する春花をまた犯してしまいます。

    「春姉ッ」
    ベッドで背中を拭いてもらっていた秋一が姉を抱きしめる。
    「つらい・・っ、つらいよ!」
    「秋く・・」
    「だってやっぱり好きなんだ、春姉のことが。もうあんな事しちゃいけないって頭では分かっているけど・・」
    「ただい・・!」
    その時学校から帰ってきた冬菜は兄の部屋の異変に気づいてそっと盗み聞きを始めた。
    「秋くん・・・」
    「理性ではどうしようもないんだ。母親として姉として・・女性として好きなんだよ。誰にも渡したくない。ずっと一緒にいたい! でも、一緒にいたらまた春姉を抱きたくなる・・・この気持ち・・ぼく・・どうしたらいい・・!?」
    「近親相姦への欲望」と「禁忌への意識」の狭間で揺れる「家族愛」に苦しんでいる弟に春花が告げる。
    「ごめんね・・本当は全部知ってた」
    「え・・・」
    「夏鈴のことも、冬菜との関係も。でも言わなければ・・気付かないフリをしていれば・・・私たち家族はこのままでいられると思ったの。バラバラになりたくないって一番願っていたのは私だった・・! そして自分でも気付いたわ。秋くんがこの家から・・私から離れられないようにするには・・・?」
    姉が愛しげに弟の顔を見つめた。
    「そう・・・秋くんが私の事を好きになってくれればと・・! 私は無自覚で秋くんのことをそうなるように育てていた・・・」
    「春ね・・え・・・」
    「誰よりも愛してるから、あなたたちを・・・」

    そう言って春花は弟に口づけをし、「禁断の欲望」を完全開放した秋一に押し倒されると、今回は積極的に「姉弟相姦」をしまくります。

    そんな姉と兄の交尾をドア越しに聞きながら自慰で絶頂に達する冬菜。
    「これでみんな一緒だね・・・おにいちゃん、おねえちゃん・・・」

    (たとえ誰にも許されなくても・・――)

    物語は少年が長女と三女と楽しく暮らしている家に次女が久しぶりに顔を出して、姉弟妹水入らずの食事シーンで終わります。

    (これでいいんだ・・・)
    (これがぼくたちの幸せのかたち)
    (ぼくたちはこれからもずっと―――)


    結局、次女だけが姉や妹と愛する弟との「禁断の関係」を知らないままなんでしょうね。
    主人公の彼に対する「近親愛」について考えてみると、「大好きなお兄ちゃんとずっと一緒に暮らしていたい」という思いが強かった三女は「家族愛」の要素が強く、兄が次女や長女とセックスしても嫉妬とか動揺は見られません。
    一方の次女は「恋愛感情」の要素が強かったがゆえに長女の春花が本命の弟から「女」としては身を引いてしまいました。
    春花は「家族愛」も「恋愛感情」も強かったと思われますが、「バラバラになりたくないって一番願っていたのは私だった」と言いながらも次女の結婚話にはノリノリだったのは、(無意識のうちに?)「恋敵」の夏鈴を弟から遠ざけたかったのかも知れませんね。
    同じ「近親愛」でも姉妹それぞれでスタンスが微妙に異なるのが面白いなと思いました。

    禁忌は巡る(その3)

    これまで紹介してきた東西の「ぼくたちの禁忌シリーズ」は次女の結婚話から始まりましたが、「第3話」にあたる『ぼくたちの禁忌〈春〉』(雑誌『COMIC MILF Vol.17』に収録)でその次女の結婚式が描かれています。
    ぼくたちの禁忌〈春〉
    式の準備中に控え室で秋一と二人きりになると、神聖な白のウェディングドレス姿の夏鈴が乳房を曝け出して弟を淫らに誘う。
    「好きなの・・秋一・・っ、お姉ちゃんからの最後のお願い・・・ね・・? 最後にもう一度だけ・・・」

    結婚式の直前に「最後のセックス」をするというのは、「近親相姦漫画」では珍しくないパターンですよね。
    「他の男のもの」になる前にもう一度愛する弟と心とカラダを重ね合わせた夏鈴ですけど、今回のタイトルでも分かるように彼女がメインヒロインではなく、結婚式が終わった後半に本命の長女との「姉弟相姦」が描かれます。

    まだ下に秋一や冬菜がいる今は全く結婚など考えていないと言いながらも、「とりあえず一度目を通して」と伯母から渡されたお見合い写真を受け取ってしまう春花。
    (結婚なんてする気無いなんて言いながら、強引に押されれば折れちゃうのかよ)
    (春ねぇ・・りんねぇのように・・・! そんなのいやだ・・!)

    次女に続いて長女も自分から離れて行ってしまうのではないかという不安に駆られた少年は、三女の冬菜が修学旅行で不在の夜に風呂に入ろうと服を脱いでいた春花を襲ってしまうのでした。

    生挿入で強引に犯した長女がまだ処女であったことは少年を余計に興奮させた。
    「好きだから・・ごめんね・・春姉・・・っ」
    「秋くんは・・私の・・弟・・で・・っ、こんなこと許されないのよ・・っ」
    狂ったように腰を振りたくる弟を諭すように涙を流しながら春花が告げる。
    「許し? 許しって誰に対して許してもらうの?」
    「そ・・それは・・っ、ひっあっ、おねがい・・っ、せめてやさしく・・あ゛ぅ」
    限界まで膨張した弟の「禁断の欲望」が姉の膣内に激しく注がれていく。
    「あ・・ッ、あ゛・・あうああッ! だめぇええ!!」
    (どうにでもなればいい・・・)
    (これで春姉がどこにも行かなくなるなら・・・)
    肉棒を引き抜かれた春花がまだ裸身を震わせながら弟の手に触れる。
    「わ・・私はどこにも行かないわ・・・あなたたちが立派に巣立つまで・・・父さん母さんに誓ったんだもの・・・」
    「春姉の夢・・は?」
    「私の夢は・・・あなたたち3人がただ幸せに育ってくれる事。いままでもこれからも・・・」

    次女や三女の時と違って強姦型の「近親相姦」となってしまいましたが、無理やり犯されても不変の「家族愛」を告げた長女。
    秋一はそんな愛する姉にせめて「女としての歓び」を感じて貰おうとさらに犯し続けます。

    (ぼくは、ぼくたちは・・・)
    (越えてはいけない禁忌を犯してしまった・・・)
    (姉二人と妹と関係を・・・)
    (けれど誰に許しを乞えばいい?)
    (――いいや誰にも許されなくていい。ぼくたちだけで生きてゆくから――・・)


    これで美人姉妹三人全員と肉体関係を持った少年。
    彼を中心に「禁忌の繋がり」を持った「家族」の物語の結末は次回。


    禁忌は巡る(その2)

    東西の『ぼくたちの禁忌〈冬〉』(雑誌『COMIC MUJIN 2013年7月号』に収録)は、前回紹介した『ぼくたちの禁忌〈夏〉』の続編となります。

    幼い頃に両親を亡くしながらも美しい姉妹と一緒の羨ましい生活をしてきた少年。
    そんな彼は突然結婚報告をしてきた次女と何だかんだで「姉弟相姦」をしてしまいましたが、その事実を三女の冬菜に知られていたのです。
    ぼくたちの禁忌〈冬〉
    「ねぇ、おにいちゃん、これなぁに?」
    夕飯の後、勉強を教わるという名目で秋一の部屋を訪れた妹が精液入りのコンドームを見せた。
    「ふ・・冬菜、お前そんなもの・・どこで・・っ」
    「あれぇ? おにいちゃんの方が知ってるんじゃないかなぁ・・?」
    クスクスと兄をからかうように笑う冬菜。
    (知られてしまった――・・)
    「な・・なんで・・・・冬菜が・・・」
    (ぼくと姉が関係を持ってしまったことを・・・)
    「ねぇ、おにいちゃん、鈴ねぇだけとくべつなの?」
    「ば・・っ、バカ・・ッ、そんなわけないだろ・・!! それは・・その・・っ」
    「おにいちゃん・・この事ヒミツにしてあげる・・・」
    微笑みながら少女が兄に近づき甘えるように袖口を掴む。
    「そのかわり、ふゆなにもおんなじことして・・・」

    前回の次女に続いて秋一くんモテモテですね~
    それでも真面目な彼は「近親相姦」だけは避けようとし、まだ未成熟な妹の肉体を愛撫して中指の挿入で冬菜をイかせます。

    「イッちゃった・・・ふふ・・・はじめて・・・」
    「・・こんな小さいんじゃできない・・よ・・・その・・・」
    「セックス?」
    妹の言葉に答えられない兄。
    「じゃあ・・・できるようになるまで、毎日・・して? おにいちゃん」
    「・・・・・・・」
    (姉弟でありながら鈴ねぇと体の関係をもってしまった事を弱みに握られたぼくは、冬菜の言葉を拒絶することもできず・・・)
    (翌日―――朝と夜に1回ずつ)
    (3日目、指2本が挿入るようになる)
    (一週間目――舐めてほしいと求められて仕方なく・・・)
    (幼い好奇心はとどまることを知らず、少しずつ加速していった・・・)

    そして10日目、下に姉達がいる状況で二階の秋一と冬菜は「兄妹相姦」をして、ついに彼は妹の処女を奪ってしまいます。

    「冬菜・・っ、もうこれで・・・終わりに・・・」
    「だめだよ・・明日も・・あさっても・・・ずっと・・・これからもいっぱいしようね、おにいちゃん」
    「・・え・・・」
    「大丈夫、ふたりだけのヒミツだよ・・・りんねぇのこともふゆなとのことも・・黙っててあげるから・・・」
    (ぼくはバカだった・・・・こうなる事はわかっていた筈なのに・・・・)
    (ぼくは・・・・もう・・・逃げられない・・・)

    その後も続いていった妹との「相姦生活」の中で、少年は次女に指摘されていた「禁断の欲望」を自覚していきます。

    「はぁ・・はぁ・・ねぇ、おにいちゃん・・あたしたち特別な兄妹だよね・・・これからもずっと一緒だよね・・・ずっと一緒にこのおうちで暮らすんだよね・・? どこにも・・いかないでね。おねがい、おにいちゃん・・・」
    兄と性器を繋げたまま微笑む冬菜。
    しかし、秋一はそんな妹の顔に長女の笑顔を重ね合わせていた。
    (ぼくは・・気づいてしまった・・・)
    「・・冬菜・・・」
    「おにいちゃん・・だぁいすき・・・」
    (ぼくは・・ぼくが本当に抱きたいのは・・・)
    (春花姉さんだということを―――)

    次女に続いて三女とこれだけ「近親相姦」を重ねても彼が消極的だったのは、やはり本命の「長女」がいたからなんでしょうね。
    これまで受け身だった秋一くんが次回はいよいよ「禁忌の扉」を自分で開きます。

    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索

    ライブ