FC2ブログ

    Latest Entries

    狂おしく痛ましい愛の物語。

     太平洋の真ん中、赤道直下に浮かぶ、名前のない小さな島。そこには教会があり、神父とわずかな島民が暮らし、訪れるどんな二人も祝福され、結婚式を挙げることができる。同性愛、近親愛、不倫愛、そこではあらゆる愛がゆるされる――その二人が、ほんとうに愛し合っているかぎり。
     その島を訪れる、父親と娘。それから姉と弟。ある者は愛の存在証明のために。またある者は不在証明のために。様々なものを見失って渇いた者たちの、いのちと時間がその場所で交錯する――。


    ずっと気になっていた杉井光の小説『すべての愛がゆるされる島』のブックカバーには、こんな紹介文が書かれています。
    すべての愛がゆるされる島
    普通の世界では「ゆるされない愛」として「同性愛」と「近親愛」と「不倫愛」が挙げられていますが、その「禁忌性」は随分違いますよね。
    「不倫愛」なんて珍しい話ではないし、その後離婚して正式に結ばれる場合も多いです。
    「同性愛」になるとかなりハードルが高くなりますけど、最近ではTVでオネエ芸能人が多数出ていることもあって「異常」と言えるものではなくなってきているし、海外では法的な結婚まで認めている国もあります。
    やはり、「ゆるされない愛」と言えば「近親愛」でしょう。
    実際、この物語の語り手となるのは父・娘・姉・弟であり、そこで語られる「愛」とは禁断の「父娘愛」と「姉弟愛」です。
    アダルト小説ではないためセックスシーンは描かれていませんが、「近親相姦」による子供も生まれます。

    いろいろと秘密が隠された小説なので詳しい内容はぜひ読んで確かめて欲しいのですけど、基本的に男がグジグジ悩んで女が突き進むという構図になっています。

    かつて不倫相手とこの島を訪れて扉が開かなかった男が今度は美しく成長した娘に連れられて再来した。
    自分は娘のことをどうとも思っていない、ただ性欲を感じているだけだと彼は神父に告げる。
    「あなたの、その性欲が」
     神父は海に向かって言った。
    「愛ではないと、だれがいつ証明したのでしょう」


    「性欲」と「愛」の関連性というのは、「近親相姦漫画」においても重要ですよね。
    相手を求める「欲望」の中に「愛」は存在するのか?
    はたしてその「存在」や「不在」は証明できるのか?
    そのテーマが宗教における「信仰」と絡められながら考察されます。

    短い章立てで語り手が次々と変わりながら物語が進んでいきますが、じつはそこにはトリックが潜んでおり、叙述トリック大好き人間の自分はその二段構えの仕掛けを楽しませて貰いました。
    「あらゆる愛がゆるされる」と言っても「ほんとうに愛し合っているかぎり」という条件があり、教会の奥にある扉を開くことが神に認められた証明となる。
    そんなファンタジックな設定があり、その他にも島民からミステリアスな話が語られますが、最終的に彼らが辿り着くのは陳腐な「屁理屈」と「現実」。
    いろいろ格言めいた言葉が出てくるわりには「愛(近親愛)」についての考察が浅く、明確な「答え」の出ない結末に不満を感じる読者もいるでしょうが、「家族愛」を内包した「近親愛」はあらゆる愛の中でも特別に難しい感情であり、「答え」が出ないのが「答え」なのだと思いました。

    「だって、存在証明の失敗は不在証明にならないんでしょ」

    「そうだよ。ほんの一ミリグラムの望みは、絶望の千倍つらい」



    母に復讐するは僕にあり

    (僕の名前は佐々木のりお。見た通り体格は華奢で地味な人間だ)
    (そんな僕の人生は女に舐められてきた人生だった)
    (・・だけど、それも今日で終わりにする)

    サークル鼻フックのフルカラーCG漫画『根暗少年の復讐ハーレム調教計画』では、根暗なチビ少年が身近な女たちに「復讐調教」をしていきます。
    根暗少年の復讐ハーレム調教計画
    そんな彼に「女の発情を促す薬」と「男の勃起力を高める薬」を渡し、女たちの弱みを探ってくれるのが、以前に紹介した『調教師・ミソギの仕事 その1 とある母子の強制近親相姦』に登場していた調教師ミソギ。
    しかし、今回の彼は直接調教に携わることはありません。

    少年が「復讐調教」のターゲットにしたのは3人。
    息子の進路を勝手に決めるような母性の欠如した乱暴者の母。
    若く華やかだがイケメン生徒と彼を不平等に扱う担任の女教師。
    幼馴染だが内気な彼を見下してバカにする女学生。
    自宅での三者面談の日、彼は母親と担任教師に媚薬入りのコーヒーを飲ませ、ミソギが調べてきた「弱み」で彼女たちを脅して乳房を曝け出させると、そのまま薬で勃起力が増したペニスで犯しまくってあっという間に従順な「性奴」に仕立て上げていった。
    そして、時間になっても家庭訪問に来ない担任を迎えに来た幼馴染も言いなりになった女教師の権力を利用して「俺の言うこと聞かないとお前の推薦はなくなるからな」と脅し、処女の彼女をアナルセックスで堕とすのだった。

    この幼馴染の母は彼に優しく接してくれる唯一の女性でしたが、先生を迎えに行ったきり帰ってこない娘を心配して彼の家を訪問して調教現場を目撃してしまい、復讐相手ではありませんけどついでに調教されてしまいます。
    調教は作者お得意の鼻フックや緊縛、スパンキング、強制排便などハードな内容で、ミソギは金もない少年に協力した見返りとして4人の「性奴隷」を手に入れて終わり。

    このブログで『根暗少年の復讐ハーレム調教計画』を取り上げたのはもちろん「実の母親」が調教の対象になっていたからですが、正直息子に(母性のかけらもない)と思われている内面も女らしさに欠けるルックスもあまり魅力的とは言えません。
    似たような設定では以前紹介した高津の『王様アプリ』が思い出されますが、こちらに登場する熟女たちの方が母親はもちろん女教師やクラスメートの母にも魅力がありました。
    『根暗少年の・・』では調教師が用意した薬の力が大きいのだと思いますけど、童貞少年によって4人の女たちがあっさり調教されてしまうのも違和感を覚えます。(『王様アプリ』ではアプリによる超常的な催眠によって女性を支配していますね)
    何より母親に対する息子の「家族愛」が最後まで全く感じられないのが残念でした。
    個人的には同じ「ミソギシリーズ」でも『とある母子の強制近親相姦』の方が遥かに良かったです。
    ただ、『根暗少年の・・』に登場する母親のようなタイプは星の数ほど存在する「母子相姦漫画」の中でも珍しい存在なので、マニアの方ならチェックしておくべきかも知れません。
    このお母さんも脱いだらなかなかのエロボディですからねぇ。


    思春期の近親相姦

    今回はサークルPeDの3DCG動画『上の妹』を簡単に紹介したいと思います。
    上の妹
    「おちんちん見せてほしいの」
    学校の女子たちの間で性的な話題が流行っていて、実物を見てみたいと兄にねだる幼い妹。
    狭いトイレの中で兄は「見るだけ」という約束で妹の目の前でペニスを出すが、妹はそのイチモツを舐め、ついには咥えこんで精液を飲み干す。
    お返しとばかりに兄も妹に股間の秘裂を見せるよう要求し、濡れてきたのを確認すると自慰までさせるのだった。

    「性的興味」から「禁断の扉」が開かれるパターンは珍しくないですよね。
    この後、興奮してきた兄妹はお約束通りそのまま「近親相姦」をして、兄は妹の膣内に射精までしてしまって終わり。

    動画の長さ的には数分の短い物語ですけど、その3DCGのクオリティは凄まじく、幼い少女が犯されているリアルな動画は観ていて少し「罪悪感」を覚えるほどです。
    逆にちょっと難点を言えば、妹の顔があまり可愛くない。
    まあ、だからこそリアルなんだとも言えるので難しいところですけどね。(お兄ちゃんも「地味寄りな妹」とか言ってますしね)
    あと、そのリアルな3DCGと声がイマイチ合っていなかった。
    特に兄の声はいらなかったですね。

    「近親モノ」の作品としての完成度はまだ課題が残る状態だと思いますが、CG動画の技術は本当に素晴らしいので今後も期待したいですね。
    タイトルが『上の妹』とあるように「下の妹」もいるようなので続編が楽しみです。

    ――夜は眠る妹を犯し、昼には普通の兄妹を装った

    (――何の言葉も交わさないまま)
    (はじめてのセックスをした)
    (唯の漏らす声)
    (甘い匂い)
    (ぬくもり・・・)
    (膣内に包まれる感触――)

    『告白されたっていうの、嘘だから…』

    サークルアクアドロップの同人誌『おやすみせっくす am2:00』は、前回紹介した『おやすみせっくす』の続編です。
    おやすみせっくす am2:00
    (妹を眠らせて犯したあの日から、二週間が経った)
    (あれから僕は唯の部屋には行っていない)

    前作のラストで目を開けた妹が微笑みながら「お兄ちゃん、明日の夜も、ちゃんと寝てるね」と言ったことで兄妹相思相愛のハッピーエンドだと思われましたが、その時の妹はサワーに酔って朦朧としていただけではないかと彼は考えているんですね。
    しかも妹は翌日から深夜の「兄妹相姦」については何も言わず、全くいつも通りに接してきたために、彼は妹の「近親愛」を確認することも出来なかったのです。

    明るい笑顔で挨拶して学校へ出かけていく妹。
    その背中に思わず手を伸ばしかける兄。
    (朝が来る度に)
    (唯に受け入れられていた・・かもしれないという記憶は曖昧になって)
    (自分の勝手な思い込みの様にすら思えた)
    (・・いや、そもそもが僕の勝手な欲望だったんだ)
    (――唯のためにも)

    (――もう、普通の兄妹で居続けるべきなんだ・・・)


    「禁忌への意識」と妹に対する「家族愛」によって「禁断の欲望」を消し去ろうとするお兄ちゃん。
    しかし、もちろん妹はしっかり覚えていますし、兄からのアプローチを待っているわけなんですよね。
    でも、言えない。
    そこで、少女は策を講じます。

    台所の洗い場で手に持った薬の箱を見つめている妹。
    「唯? どうした? 体調悪いのか?」
    「う・・ううん。これは・・その・・す、睡眠導入剤」
    「・・は?」
    「さっ、最近寝付き悪くて、授業中居眠りしちゃって・・それで・・・これ飲むと途中で目が覚めたり・・しなくて、ぐっすり眠れるんだって・・・」
    (・・・どうして)
    (わざわざ僕にそんなこと)
    (教える・・?)
    「今日の夜、これ飲んで寝るから・・・」
    少女が顔を赤く染めながらそう告げる。
    (唯、何を考えてる?)

    そりゃあもちろん「睡眠相姦」の「お誘い」に決まっていますよね。
    その夜、兄は再び寝室に忍び込み、眠っている妹を愛撫し犯してしまいます。

    (それから僕は)
    (唯がその薬を飲むのを合図に)
    (妹の部屋へ行くようになった)
    (眠って無抵抗の妹を)
    (まるで自慰の道具みたいに)
    (何度も)
    (何度も)
    (滅茶苦茶に膣内を突いて)
    (子宮(おく)に注いで――)

    (朝になれば普通の兄妹を装った)

    (どれだけいつも通りの日常を過ごしても)
    (夜になれば夢に堕ちるように――妹を犯し続けた)
    (昨晩も)
    (今晩も)
    (唯の薬を合図に―――)

    今日もまた少女は兄の視線を感じながら睡眠導入剤の箱を開け、コップの水を飲む。
    (お兄ちゃんと初めてしたあの日から)
    (何度も思い出してしまってた)
    (荒い息づかい)
    (熱い肌)
    (汗の匂い・・・)
    (せい・・えき・・が流れ込んでくる感覚――)
    (・・あの翌朝、どんな顔をしたらいいか分からなくて、今までどおり知らないふりを続けるしかできなかった)
    (でも、その夜から)
    (お兄ちゃんは来なくなって・・・)
    (どうして?)
    (私・・もうこんなに――)
    (私が・・私があの時)
    (起きてしまったから――?)

    お互いの「想い」を告げないまま続けられる真夜中の「睡眠相姦」。
    そんな中、兄は睡眠導入剤の箱の中に妹が飲んでいたはずの薬が全て入っていることに気づくのです。

    (今日もまた)
    (お兄ちゃんにしてもらえる)
    (またいっぱい突かれて)
    (きっとまた中に出されちゃうんだ・・・)
    (だめ・・なのに)
    (・・兄妹・・なのに・・・)
    (・・でも、仕方ないよね)
    (だって私は)
    (寝てることになってるんだから――)

    今晩も眠っているフリをしながら兄に抱かれようとする少女。
    そんな妹の耳元で少年が囁いた。
    「・・・唯、起きてるんだろ?」
    (!)
    「・・あ・・・」


    あの日の夜のように暗い部屋のベッドの上で兄妹が見つめ合ったところで物語は終わります。
    話的にはだいたい前作の繰り返しなんですけど、グジグジしている兄に対して妹が恥じらいながらも「無言の誘い」を仕掛けてくるのが良いです。
    後書きによるとこの作品にはまだ続きがあり、全4作になる予定だそうです。
    ほとんど意思疎通できないまま続いてきた兄妹の「禁断の関係」がどう変わっていくのか楽しみですね。


    ちなみに、『近親シスターラヴァーズ ~実姉と実妹は超淫乱編~~』という「兄妹・姉弟相姦アンソロジー」も読んだのですけど、「超淫乱編」と書かれているだけあって姉や妹がやる気満々で「背徳感」はほとんど感じられませんでした。
    近親シスターラヴァーズ ~実姉と実妹は超淫乱編~~
    まあ全体的に可愛い系の絵柄なので「イチャイチャラブラブ相姦モノ」がお好きな読者なら気軽に楽しめるかなと思います。

    「お兄ちゃん・・私、眠ってるから・・・だから―――して?」

    (自分でも分かってるんだ)
    (僕はどうかしている)

    暗い部屋の中で少年はベッドの上に横たわる少女のパンティを下し、股間の割れ目に指を入れる。
    (二本目・・入った)
    (ゆっくり広げて・・・)
    彼が秘肉の中の指を動かすと少女が目を瞑ったままピクンと反応した。
    (頼むから起きるなよ・・・)

    (寝ている妹に毎晩こんなことをしてるなんて)

    サークルアクアドロップの同人誌『おやすみせっくす』に登場する兄は、毎夜妹に「睡眠悪戯」をしていました。
    おやすみせっくす
    (毎晩少しずつ)
    (少しずつ)
    (目が覚めるギリギリまでこんなことをして)
    (妹の処女膜を広げている)
    (指2本でもやっとだ)
    右手の濡れた指を妹の秘裂から抜くと、少年は自分の左手が握りしめている肉棒を見た。
    (まだコレは挿入らないよな・・・)
    (唯の、愛液・・っ)
    彼は眠っている妹の眼前でペニスを激しくしごく。
    (したい。早くしたい)
    (妹と)
    (唯とセックスしたい)
    (唯の初めてに、唯の一番になって)
    (唯の心も体も)
    放出された兄の精液が妹の寝顔を汚す。
    (全部僕のものに――)

    シスコンの彼がこんなことをするようになった「切っ掛け」は、一週間前に妹からされた「相談」でした。

    「告白された?」
    「うん。付き合ってって言われてどうしようかな・・って」
    「唯には交際とか・・まだそういうの早いだろ」
    「そんなことないよっ、みんなもう彼氏くらい居るし・・」
    「なっ・・何だよ・・それ」
    (・・・なんだこれ)
    「まさか、そいつと・・付き合う・・とか・・?」
    (何でこんなに)
    (動機が・・)
    胸の苦しい鼓動に動揺している兄の前で妹が顔を赤らめながら答える。
    「ん・・まだ・・返事はしてないけど・・・」
    その後の妹の言葉はもう兄の耳には届かない。
    (心臓が滅茶苦茶に引き裂かれたようだった)

    「独占欲」が「家族愛」を「近親愛」へと変容させていくのは、「近親相姦漫画」ではよくあるパターンですね。
    それから夜な夜な彼は未成熟な妹に挿入する準備をしてきたのですが、親睦会で遅くなる母が珍しく冷蔵庫に入れていたサワーを見つけると、それを睡眠薬代わりとして妹に飲ませ、いつもより熟睡している少女の処女を奪おうとするのです。

    ここで一旦物語の語り手が妹に代わります。

    (最初はほんの出来心だった)
    (ウェブ小説で読んだワンシーン)
    (ヒロインが告白されたと嘘をついて好きな男の子の気持ちを確かめる)
    (2人はそれが切っ掛けでお互いの気持ちを知って恋人同士)
    (もし私が告白されたって言ったら)
    (お兄ちゃん・・どんな反応をするかな)
    (なんて軽い気持ちで)

    あの「相談」は兄の気持ちを確かめるための「嘘」だったんですね。
    彼女も重度のブラコンです。
    そして、その相談を受けた兄の顔が辛そうに歪むのを見て少女は(嬉しい)と胸を高鳴らせたのでした。

    (嬉しい)
    (嬉しい)
    (嬉しくて―――)

    (嘘だって言いそびれた)

    少女はその夜から兄が部屋に忍び込んできて自分のカラダを弄っていることも知っていました。(そりゃそうですよね)
    そして、ジュースと偽ってサワーを飲まされた夜も初めこそ眠っていましたが、兄が股間にむしゃぶりついている最中に目覚めます。(ここから語り手は兄妹になります)

    (いつもより激しいっ)
    (お兄ちゃん・・・)
    (するつもりなんだ)
    (唯に)
    (せっ・・くす)
    少年が眠っている妹の濡れた秘唇に亀頭を押しつける。
    (・・唯・・目覚めたらどんな顔するだろう?)
    (いくら深く眠っているとはいえ処女なんだ)
    (挿入されたらきっと)
    (痛みで気付く・・・――)
    (!)
    彼は妹の裸身が小刻みに震えていることに気がついた。
    (震えて・・!)
    (まさか・・ずっと!?)
    「・・・唯、嫌だったら・・起きろ」
    しかし、少女は目を開けない。

    (――起きるな)
    (起きるな)
    (起きるな)
    (起きないで・・唯)

    (お兄ちゃん・・私)
    (寝てるから)
    (眠っているから)
    (だから・・・して?)

    (入れたい、入れたい、入れたい、入れたい)

    (入れて、入れて、入れて、入れて、入れ・・)

    (したい・・っ!!)

    ここまで来たらもちろん少年は妹の唇を奪いながら挿入して激しく犯し続け、少女は必死に眠っているフリを続けながら膣内射精までされるのでした。

    (唯・・イキっぱなしだ)
    (エロい声漏らして全身痙攣させて)
    (膣内もこんなにとろけているのに締めつけてっ・・!)
    (唯の感じてる声、イく声・・もっと)
    (聞きたい・・っ!)
    「唯・・っ、もう出るから、起きていいぞ」
    「あ、あ、あ、お兄ちゃっ・・あ゛~~、お兄ちゃんっ」
    再び膣内に大量の精液を注がれながら妹は兄の名を呼んだ。
    (唯・・やっぱり起きて・・・)
    「ゆっ・・唯・・・」
    「・・・・お兄ちゃん」
    少女が兄の顔を見つめる。
    「告白されたっていうの・・嘘だから」
    「・・・・・は!?」
    「お兄ちゃん、明日の夜も、ちゃんと寝てるね」
    微笑みながらそう告げると、今更酔いが回ってきた妹は本当の眠りについた。


    「睡眠姦好き」としては「スヤスヤ詐欺」だったのは残念ですが、正統派の「兄妹相姦漫画」ですね。
    兄妹の心理描写が丁寧なので「背徳感」も「近親愛」も「禁断の欲望」も感じられます。


    ちなみに同じ作者のフルカラー同人誌で『真麻はちょっと甘えんぼだから今日もお兄ちゃんとおやすみのチューするのです。。。><』という作品があります。
    真麻はちょっと甘えんぼだから今日もお兄ちゃんとおやすみのチューするのです。。。><
    こちらの兄は処女厨なので妹とイチャつきながらも本番まではしていないのですけど、裏設定(?)でこの作品の妹である真麻と『おやすみせっくす』の唯は「秘密」を共有する友達だそうです。


    Appendix

    プロフィール

    Author:大橋零人
    FC2ブログへようこそ!

    月別アーカイブ

    フリーエリア

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    ブログ内検索